語学

【TOEIC800・転職】ゴールを明確にしてスコアもアップ!

スポンサードサーチ

TOEIC900にのってみないと実力が安定しないという話

TOEIC800の壁。私も例外なく実感しました。以前のエントリーでも書きましたが、私自身725点から810点の急上昇の期間が人生で一番英語を勉強した時間だったと感じています。まあ、簡単ではないです。

実際に、英語力という点では確かに大きくレベル感が違ってくるのは確かだと思います。しかし、TOEICでやることって分解していくと「公式問題集を徹底的にやる+単語をしっかり覚える」これだけで本当に十分だと思います。

ではですよ。どうしてTOEIC800が高すぎる壁だと感じてしまうのでしょうか?  私の経験からですと、800点がひとつ大きな「心理的な壁」だからですね、不安になったり難しく考えすぎてしまうだけだと考えています。

実際にTOEIC900までいかないとですね、そもそもTOEICの解き方だったり経験だったり、TOEICゲームを攻略するレベルは高くないと思います。なので、TOEIC900に乗るまでは点数は安定してこないですね。その安定していないのをどーやって安定させるか?それがTOEIC800と900の違いなのですが。

TOEIC800と900の違いは「心理的な壁」を乗り越えた経験の差

タイトル通りなのですが、確かにTOEIC800と900で全く違いますね。ですが、実力としては読み・書き以上にスピーキング・ライティングの4技能を問われるテストではないので、所詮ですよ、受験勉強だったり学校での勉強の延長線上でしかないんですよね。

あと私が感じていたのはですね、「TOEIC800を同級生よりも一番先にとったらちやほやされる!」みたいな感じにですよ、少し自分の成長とは別のことを目標にしてひたすら頑張っていました。私は幸運にも、「同級生より先にいい点をとる!1番を取る!」という目標設定が実現できる程度ものもだったので問題はありませんでした。

ですが、もしかしたら「TOEIC800だったら転職が〜」「TOEIC800だったら就活が〜」といったようなですね、何事にも通じることなのですが、こういった手段に走るべきではないという考え方もあります。

「手段に走るべきではない」とはどういうことでしょうか?

これはつまりゴール設定をしっかりできていますか?ということだと思っています。私なりにTOEICに思うところがあって、それは「TOEICで点数をとったら○○ができる」といったように、あまりにTOEICを手段としか見ることができていない人が多いように感じています。ですが、実際にTOEICができるという先にあるのは、英語を実務でもしくはビジネスで使うことのできるというレベルではなかったでしょうか?

つまりですよ、TOEICを勉強しているのはビジネス英語を習得するというのが1つのゴールですよね。これが、あまりに多くの方のマインドから抜け落ちている気がします。だからTOEIC満点とっても話せないという意味不明なパターンが起こってしまいます笑

TOEICの点数なんてあまり重要でもないんですが。それでも最低限欲しいなと思うのがTOEIC800だと思います。やはり700だと何か足らないと言わざるを得ないと思います笑 とりあえずは、英語を使うことができる人が最低限、現れるレベル。それがTOEIC800点だと思います。

要は、「TOEICが高得点だから○○ができる」という考えは今すぐ捨ててください。それではなくて「ビジネス英語を実務で利用する」ことのイメージをまず最初に身につけてください。そうなってくると、必要な勉強量が大幅に増えること実感できるのではないでしょうか?

そうなんです。その「実際に使える英語を習得していく」という目標設定が、TOEIC800だったりTOEIC900を越えていく原動力なってきますよ。

スポンサードサーチ

TOEIC800到達は壁じゃないです。実務で使えるビジネス英語を完成させる勉強をしよう!

先ほどの見出しでご紹介したようにですね、「実際に使える英語を習得していく」という目標設定をしないためにTOEIC800点「でも」難しい「壁」だと感じてしまうのだと思います。TOEIC800点はまだまだ序の口なので、安心してください。

TOEIC800は乗るものだと思えてくると思うんですよね、実際に外国人に囲まれて英語を話さないといけない環境が想像できていたら。この「外国人の中に一人だけポツンといる」感覚をなるべく味わうことがですね、TOEIC程度の知識は全部覚えようと感じられるようになってくるはずだと思います。

もし、ここでのゴール設定が「TOEICが高得点だから○○ができる」という考えだと成功しづらいですので、一度リセットするために海外経験、洋ドラ、英会話などなど異文化交流の機会を増やしていくべきだと思います。

例えばですね、「英語での面接」TOEIC800で壁を感じてしまっている人だとですね、受けようとすら思わないものだと思います。私は受けたことがあるのですが、その時はTOEIC960で「どちらにせよ自分の努力じゃん」とTOEICを勉強するモチベーションが後退してしまっていたときでしたね、、笑 分でやらないと話せないので安心してください

これは有名な「Suits」というドラマの1シーンですね。1流の弁護士事務所でのパートナーとの面接のシーンです。
TOEICは答えを覚えれば答えられますが、こういった実際のビジネスシチュエーションでは、必要な知識が刻一刻とかわっていきます。もはや格闘技だったり対戦だったり、そういった厳しさがあるとは思います。

ですが、その状況次第な「不確定さ」が外国語を話せることの喜びだと思いますよ。だってものすごく楽しいですよ、どんなシチュエーションでも物怖じしなくなって、ようやく英語が話せるといえるのではないでしょうか?このくらいハードだけどしっかりした目標じゃないとTOEICなんて面白くないですよ。だって、簡単ですもんTOEIC900までなんか笑 800点なんて所詮なーんにもできない人が9割くらいなので、安心してください。800で英語を扱えたら、私より才能があります、、笑(偉そうですいませんホント;)

TOEIC800台では所詮何もできないので安心してほしい

この「不確定さ」のなかでも通用する英語力を身につけるために、私は留学をして、何千回も試行錯誤を日々積み重ねてですね、「このシチュエーションはこう」といった形で日々話すなかで勉強を積み重ねていきました。まあ、TOEIC960、TOEFL80くらいで留学してもなーーーーんにも話せなかったので笑 なので「TOEICに裏切られた!」とか意味不明なことを言わないように、自分で「英語力の定義」を考えてください。

TOEIC800とか900とか点数を話したところでですね、話せたら別にどーーーでもいいんですそんな点数。だってTOEICスコアなんかなくしたり燃えたらなくなりますけど、真の英語力を身につけて、どんなシチュエーションでも切れる変幻自在のしなやかな刀のような英語力は身につけていかないといけないと思います。

TOEICはやればやるほど限界が見えてくるっていう点で、日本企業と似ている気がします。けど、実際問題ですね、英語力なんて青天井なので心配しないでください。TOEICでは測れない能力っていうのも間違いなく存在するので、ぜひ、「自分の必要なビジネス英語力」を見極めてTOEICをツールとして使い倒しましょう

スポンサードサーチ

TOEIC800が壁ではなく、実際に使える英語を学ぶことの壁をとりさりましょう

TOEIC800はふつーに「実務で必要なレベルの英語力」を把握していて、それに対して頑張って取り組んでいけば絶対にとってこれる点数だと思います。なので、私がTOEIC800点あたりで壁を感じている方へお伝えできることはですね、実際に使える英語を習得し、学んでいこうとする心の壁をとりさってくださいということです。

実際に実務で必要なレベルの英語力を具体的にイメージをすることで、TOEICでどういった頑張りをしていかないといけないのか、具体的に見えるようになってくると思います。なので、テクニックや解法ばかりを気にしても全く英語は話せるようにならないのです。心配ご無用です。

なので、一番リスクなのはTOEICを頑張って、英語学習を頑張ったつもりで何も得られるものがない状態がもっとも怖いですよね。そのために、まずは「ゴール設定」をしっかり見直すのはいかがでしょうかというのが私の提案ですね。だって、TOEIC800くらいじゃ何もできないですよ!笑

もっと目標高く、英語をしっかり使えるような目標を設定して、しっかり取り組めれば、目に見える成果になってくるはずです。

頑張ってください、応援しています!

ABOUT ME
クスハラ ショウゴ
新卒5ヶ月で会社をやめてから、10ヶ月程度プー太郎。 そののち、ウェブ系企業でバイト→エンジニア転職を果たす。 実はTOEICほぼ満点だったりする。 ご連絡は shogo.kusuhara@gmail.com まで

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です