トピック:YouTube

【2019年版】オワコン?YouTuberが面白くない理由を考えてみた

僕はかなりのYouTubeヘビーユーザーです。
常時、YouTubeをつけっぱなしています。仕事がパソコン作業(プログラム&ウェブマーケ)なので、最低でも1日3時間はつけている感じです。

そんな僕でも、だからこそ「YouTuberまた同じことやってんな」と思うことが最近多いです。なぜYouTuberは面白くないのでしょうか?もはやオワコンなのでしょうか?少し詳しく考察してみました。

スポンサードサーチ

①企画が一周まわってしまって飽きた

YouTuberが面白くないと聞いて思いつくのはまず「企画が1周まわってしまったこと」だと考えます。例えば、「メントスコーラ」という定番企画があったとして、それにオリジナリティをYouTuberは付け足してきました。

例えばこういうの↓

「メントスコーラ×専用噴射器」「メントスコーラ×封印」「メントスコーラ×天井に穴」「メントスコーラ×密封」「メントスコーラ×巨大」「メントスコーラ×分析」…

数多くのYouTuberが存在している今、「メントスコーラ」の企画自体が新鮮味に欠けるようになってしまいました。猫も杓子もメントスコーラといった具合で、YouTubeチャンネルを顔出しで持つYouTuberなら、ほとんど全員やっています。

定番企画すぎて見飽きたというのはよくあることだと思います。(他には、「英語禁止」「新型iPhone」「オリジナルの遊戯王」など) 私たち視聴者としては、新鮮味がない動画にはあまり興味がわかないですよね。

2019年だと、カルマみたいな大掛かりな新しい企画を出すYouTuberがもっと出てきたらYouTubeが面白くなると考えます。

毎月、平均して5万人程度、登録者数を伸ばしてきています。2019年のYouTubeは、斬新な企画があれば沢山の人に見てもらえるようになると考えています。

②いつの間にか内輪ネタが増える。YouTubeに学歴・実績・お金の話題が増え、良質なコンテンツが減少

YouTuberは、基本的にチャンネル登録者へ向けた動画を作成します。そのため、固定ファンに通じることが多くなればなるほど、身内ネタが圧倒的に多くなってきます。

例えば、「理系あるある」「東大生ネタ」「共演者のこと」「学校の成績」など、チャンネルの信者ならまだしも、一見するだけではどういった文脈かわからない動画が、2018年ごろから圧倒的に増加している印象を受けます。そりゃ見ていても面白くないわけです。

批評家でもある東浩紀は、こういった「物語そのものではなくその構成要素が消費の対象となるようなコンテンツの受容のされ方」をデータベース消費と名付け、批判しました。

他の例を探してみましょう。例えば、「東大生ネタ」などもはや完全に陳腐化してしまっています。もともとが、地上波での東大系の特番が増えたことが要因ですが、それをYouTubeでやっても面白くないのは明白です。なぜ国の最高学府を出てもそれがわからないのでしょうか?

こういった留年報告ばかりで聞き飽きました。国公立大学には自費のみで通学しているわけではありません。東大生であるからして、税金からも出資されていることを理解して、官民をリードするべく勉学に励んでいただきたいものです。

このように、有名大学卒のYouTuberが増えてきていますが、「好きなことで生きていく」YouTuberとして、学校の勉強を頑張って社会に出ていくことを推奨する動画を多く公開していますが、それ自体に矛盾があるように思えてなりません。

経営学の父、ピーター・ドラッガーは次のように『マネジメント』の冒頭に記しています。「基本と原則に反するものは、例外なく破綻する」

実績・肩書き・お金。

私たちが現実世界で飽き飽きしていることをYouTubeのコンテンツにするYouTuberが増えていることに疑問を呈します。つまり、既にYouTubeは大衆向けのメディアなのではないでしょうか。だからこそ面白くない。

より良質なコンテンツを生み出せるクリエイターを私たちは歓迎すべきだと考えます。

スポンサードサーチ

③編集がワンパターン

先日、私のアメリカの友人とチャットでYouTubeについて話をしていました。PewDiePieがインドのボリウッド系チャンネルであるT-Seriesにチャンネル登録者数が抜かされそうという話題を話していました。

あわせて読みたい
実は日本大好き?妻が美人?ザ・ユーチューバーPewDiePieのプロフィールを完全公開しますPewDiePieといえば、ナンバーワンユーチューバーとして年間に4億円以上を稼ぐYouTuberとして認知されています。そんな彼ですが...

そこで日本と英語圏のYouTuberの違いについて、話をしていたのですが、こんな感じでした。

日本のYouTuberについてどう思う?
ゴミ(garbage)だと思う。いくら対象年齢が低いとはいえやってる内容が子供っぽすぎると思う。あとは、編集やBGMのチョイスが似すぎていて、多様性(diversity)がないよね。長く見ると飽き飽きしちゃいそう。

日本の常識は外国から見た非常識というか、その友達は日本のことが好きでよくYouTubeも見たりするのですが、だからこそコメントが的確だな、と思いました。

特に編集については、UUUMネットワークでの編集素材の共有もあって、かなり似通っている印象が強いですね。チャンネルネットワークごとの特徴が出すぎていて、独自性をスポイルしているという点は、彼に同意します。

一方で、初めてYouTubeを見る人には、そういった同様の編集がされているからこそ、次から次へとチャンネルを乗り換えやすいという利点も間違いなく存在します。ただ、最終的に独自性の低いコンテンツばかりでは、飽きる人が続々と出てきている傾向があるんだと思います。

④マンネリ化:知名度で売れているだけでコンテンツ力が落ちている

最後にマンネリ化を挙げておきます。チャンネル登録者数がいれば、コンテンツを作るために頑張らなくても、数多くの人が変わらず見てくれます。なぜなら、YouTubeのレコメンド機能が、よく見られる動画をトップページや動画の隣で推奨するためです。

それによって、すでに人気を持っているYouTuberが、さらにレコメンドされる回数が増えて、内容のいかんよりも、「その人がやっているからとりあえず見よう」といった、マンネリ化した人の流れを生み出しています。

もちろん、有名なYouTuberは動画を作成するために多くの時間を投じていることも承知しています。しかし、現状ではクオリティが特段高いわけでもない動画を数多く見ることになっている視聴者側が疲れ始めていることも気が付いてほしいものですね。

2019年のYouTubeは、マスメディアとして育つために動画のクオリティや新鮮味が求められる1年になるのではないかと考えます。

スポンサードサーチ

まとめ:それでも僕は新しいクリエイターを探すだろう

YouTubeが好きなだけに、批判的な意見も多く書いてきました。僕はもちろんこれからもYouTubeを見続けるでしょう。しかし、次に新しいクリエイターの登場を待ち望む心が奥底にあります。

今のマンネリ化したYouTubeに新しい風を吹き込んでくれるクリエイターを心の底で
僕たちは常に求めているのかもしれません。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です