自己紹介

【経験談】大学3年で留学→就活は少し忙しくなるだけで内定は出ます

どうもこんにちは。クスハラです。

僕は大学3年9月→4年5月までアメリカのWestern Michigan Universityへ留学していました。

結論から言うと、ボスキャリで有名なキャリアフォーラムに参加して、そこで面接突破した会社から後日内定をもらい、入社することになりました。

この記事を見てくれている人は、留学行こうか迷ってる人or留学中の人だと思います。少し無責任ですが、帰国後内定出なくても留年したら全く問題ないです。僕は焦らず留年したらよかったなーと思っています。なぜそう思うかも書いていきます。

スポンサードサーチ

僕の大学3年で留学してからの就活

僕が大学3年でアメリカに留学。一番困ったのが、SPIテストセンターの受験が必要な企業が受けれないことでした。

僕は2018卒で就活の解禁は5月でした。その時は、Fall Semesterが終了してSpring Semesterの半分くらいから少しずつ就活が始まってきました。

就活の戦略は、ボスキャリにはいかずに東京キャリアフォーラムとマイナビの国際派就活に参加して、帰国生向け日程がある大企業をポツポツ受けながら内定をゲット。

その中で、いろいろな発見がありました。

順番にちょっと口コミしていきます

①メーカーや流通といったSPIオンリーの業界が受けれなかった。

大学3年で留学する一番のデメリットがこれだと思います。

メーカーや一部の商社でテストセンターを採用しているところに応募することができないのが結構辛かったです。(マイナビやリクナビで新卒募集してるところの大半がそうかもしれない)

就活しようと思ってアメリカから新卒採用のサイトを見てても、「ほとんど出せねえ、、、」そこから、キャリアフォーラムに絞ってやらねばと思い準備を始めます。

事前に行きたい会社がテストセンターを採用していないか確認しておくべきです。もし採用していたら留年するかどうかも考えておくといいと思います。

大学3年からの留学だと、テストセンターが受けれないのでそれは覚悟しておこう。

②ボスキャリはコスパ悪し。大きな実績ないなら東京キャリアフォーラムで十分すぎます。

ボスキャリに幻想抱いてる人多いけど、交換留学くらいじゃあんま相手にしてくれないよ

アメリカ留学する人で、意識高い人の中では「ボスキャリボスキャリ」うるさいですよね。

実際、ボスキャリなんか特に「アメリカの大学を卒業した(学位以上)の人材を取りたい企業」がメインなので勘違いしたらダメですよ。

僕の留学先の大学で、慶應や日大の学生の人でボスキャリ行っていた人がいましたが(みんな文系)、インターン内定が平均的なところですね。内定がたまーにでるくらいですよ(英語できるエンジニアとかだったら話変わってくると思います)

東京キャリアフォーラムはもう少し門戸が広くなっていますが、それでもキャリアフォーラムはアメリカの大学を卒業した人が企業から見て一番欲しい人材。次点が交換留学≒語学留学 くらいに考えておくべきでしょう。

厳しい言い方ですが、学部レベルなんて留学したところで語学以外は他の学生と大差ないか、もしかしたらトントンくらいです。

僕が東京キャリアフォーラムに参加した学生と就活中に知り合ったのですが。参加したらわかると思うのですが、電通って1時間で履歴書100枚くら段ボールに入ってるんですね。

全く面接に通らないんですが、そこでその知り合いが通ったらしく、「どんな人が面接にいっていたの?」って聞いてみたら、その人も含めてやっぱりほとんどが「アメリカの4年生大学卒業」でしたね。

ボスキャリは宿泊・交通費が高いので東京キャリアフォーラムの方が良いです。キャリアフォーラムは「アメリカの4年制大学卒>>交換留学>語学留学」なので勘違いしないように。(だからこそ、留学したら実直な就活プランが必要です。)

③大企業の帰国生向け日程は倍率高いイメージ。僕は全滅だった

もう一つ、キャリアフォーラム以外かつテストセンター利用以外だと「帰国生向け日程」があります。

僕の帰国後の就活スケジュールは、「帰国生向け日程の面接→マイナビ国際派→東京キャリアフォーラム→二次面接ラッシュ→内定」みたいな感じでした。

イメージとしては、マイナビ国際派就活(5月末ー6月)の前に、帰国生向け日程のテストがポツポツありました。それから1次面接が東京キャリアフォーラムとだいたい被ってくるので、夏に2週間ほど東京に滞在して就活。

帰国生向け日程で受けた会社は、IT系の大小ベンチャー、5大商社と大手保険でした。

留学していたからかTOEIC960が目を引いたのか、まさかの5大商社は面接3つまでたどり着くという謎の快挙。しかし、企業風土が合ってなさげで1次面接で敗退。やっぱ僕は体育会系ムリっすわ。。。

上位2位のM社の面接官が就活の中でもベスト面接官でした。やっぱ就活ランキング上位は伊達じゃないですね。

夏のおわりから秋ごろにかけても、通年採用をやっている会社がまだまだあったので、ここで大企業に特攻しても全然余裕でした。逆に、夏が終わると大手や就活人気企業が受けれなくなってきます(もはや年次下の外資系企業の採用がはじまるという。。。)

この日程での内定数はゼロ。最終面接もゼロで一次面接にて全て敗退でした/(^o^)\

まあ人生なにごとも挑戦ですね笑 今考えてみると夏までにしか挑戦レベルの会社を受けれないので、やってよかったなーと思いました。

大企業の帰国子女枠は、他の優秀な就活生との少ない席を取り合うので、めちゃくちゃ厳しい。普通に受けた方が大学ごとの採用数の中での勝負になるので、そっちのほうがよさげです。

【経験談】大学3年で留学→就活は余裕がなさすぎです

僕は大学3年の留学直前までフル単でした。
なのに、帰国したら怒涛の30単位履修でさすがに萎えました。

サボってきた大学生と変わらんやんけ、、、w

単位取りながらの就活だったので、授業は適当に聞き流しです。ひたすらパソコンで情報を集めます。卒論もあるので完全にてんやわんや。(しかも週3くらいでバイト。さすがに死にました。)

帰国後、ゆっくりと「将来のやりたいこと」や「理想の社会人像」なんて考える時間はまさに皆無。

内定がないとおれは死ぬ、、、

そんなことばっかり考えて4年生を過ごしていました。

今考えたら単位取得して1年間休学するのが一番よかったですね。

時間ができるので、しっかり将来について考えられるし、新生活に向けて貯金もできます。
休学費用が安い大学なら、単位だけ取って大学を休むべきです。そっちの方が人生で見たときに余裕ができますね。

僕は余裕がなさすぎて就活失敗しました。自己分析が激アマだったし、スケジュールが忙しすぎて面接でも余裕のなさが出ていました。実績は結構あったのに、自信をもってアピールすればもっと沢山の企業から内定はもらえたなと思っています。

そういった段取りの悪さが響いたのか、新卒で入った大企業も4カ月というスピード退職につながってしまいました。これについては間違いなく、過密すぎるスケジュールが2割ぐらい噛んでいるでしょう。

あんなに無理しなくても大人しく休学しとけばと思ってます。なので、これを見ている留学中の人。ぜひ無理のない就活プランを立ててください。そっちの方が絶対に実りのある就活になることでしょう。

無理しすぎると就活で余裕のなさがでて、負のスパイラルに陥りかけてました。余裕をもったスケジュール感が就活の成功の秘訣です。

スポンサードサーチ

まとめ

大学3年で留学→就活でも内定は余裕で出ます。だけど、少しでもキツいスケジュール感になったら、大人しく休学するのもいいオプションです。そっちの方が、就活の準備や新生活の準備もできるので、絶対に良いと思います。

ABOUT ME
クスハラ ショウゴ
新卒5ヶ月で会社をやめてから、10ヶ月程度プー太郎。 そののち、ウェブ系企業でバイト→エンジニア転職を果たす。 実はTOEICほぼ満点だったりする。 ご連絡は shogo.kusuhara@gmail.com まで

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です