TOEIC

【スコアにすぐ反映します】僕がオススメするやり方は、二段階でのシャドーイングです。

「TOEICや英会話でシャドーイングが効果的!」

そんなことをよく聞いても、やり方が全然ピンとこない!

そんな方向けに、この記事ではシャドーイングのやり方を解説していきます。

説明用の動画を作成しました!こちらを見ていただくほうが早いかもしれません。(回線に問題あれば記事をオススメします)

スポンサードサーチ

なぜシャドーイングをするのか?

まず「なぜ」を明確にして目標をしっかり設定しましょう。

なんとなくでシャドーイングをやろうとしてませんか?

シャドーイングをやる前にこういった悩みがあったハズです。
「リスニングがなかなか聞けるようにならない。何かいい練習方法がないかな」

そのために、今シャドーイングのやり方を調べていると想定して書いてます。

そもそも、シャドーイングとはどういう練習か。

「喋れない単語は、いつまでたっても聞けるようにならない」
それを強制的に喋れるようにする訓練

シャドーイングで強制的に発音練習をすることで、聞けるようになるまでのタイムスパンを短くする。そんな練習です。

なので、英語のリスニングが聞けないときの荒療法だと私は考えていて、

「リスニング力が追い付いていない!」

そう思ったら、まずはシャドーイングをしながら原因分析をしていくのがいいと思います。

いつかシャドーイングだけだと練習にならなくなってきます。その時点で、ようやく英語で英語を学べる素地ができるようになります。

映画を聞きながら学んだり、ネイティブと会話しながら英語を学ぶにも、まずはシャドーイング力をつける必要があります。そのやり方を次で解説します。

ざっくりとシャドーイングのやり方を解説

シャドー。つまり音声を聞きながら、影のように後ろからついていく。

そんな練習です。正しくは、音声を聞きながら口で素振りをしていく感覚です。

入ってきた音声をそのままコピーして出してもいいのですが、一番にやるべきなのは「その発音の口を作る」こと。

そもそものゴールは「喋れない単語はいつまでたっても聞けるようにならないから」「強制的に聞けるようにする」

なので、聞けるようになるための練習をすべきです。

つまり、音声をそのままコピーして発声するだけじゃなくて、口の形を真似したりアクセントの入れ方、感情の入れ方など、より実践的なシチュエーションの想定ができるシャドーイングがベストだと思います。

スポンサードサーチ

オススメなのは2段階でのシャドーイング! やり方を説明します

TOEIC800点くらいでないと、おそらくいきなり音声だけでシャドーイングは難しいはず。

面倒かもですが、理解できてない英語を口先で発声してても無意味です。なので、しっかり解答を読み込んで理解してから、ようやく音声のみのシャドーイングに移ります。

そこで僕は、

①スクリプトを見ながらのシャドーイング→②音声だけでシャドーイング

これをオススメしています。

教材はTOEICリスニングを想定しています

①スクリプトを見ながらのシャドーイングのやり方

シャドーイングですが、やり方については実際にやっているところを動画で見ていただくのがベストだと思います。

しかしやることはとってもシンプル。リスニング音声を聞きながら、0.5秒から1秒遅れて音声を真似するだけです。

ただ、それだけだとしっかりした練習にならないです。特に聞き取れないうちは、変なクセがつくのでやめておくべきです。

まずは、スクリプトを見ながらのシャドーイングでしっかり対応できるように訓練します。

TOEICリスニングを解く→わからなかったボキャブラリーやフレーズの意味を確認する→解答解説を読んで、なぜその答えになったのか、パラフレーズを探す→しっかり本文が理解できたら、スクリプトを読みながらシャドーイング

②音声だけのシャドーイングのやり方

①を流暢に行えるようになれば、音声だけでシャドーイングを行います。

僕がTOEIC810点の時で①を3セット→②を数回。855点の時は①が1-2セットのみ、そこからひたすら②で練習といった形でした。

おそらく、TOEIC900後半レベルじゃないと、いきなり音声のみでのシャドーイングは厳しい気がしています。

なので、スクリプトでしっかり理解をしてから、音声のみのシャドーイングを行いましょう。

シャドーイングのやり方は動画にて実演しています

連投スミマセン。。

「これでもTOEIC900か笑」ってなる感じなので、ぜひ勉強のモチベーションとしてください<(_ _)>

僕は英語を使わなくなったので、シャドーイングはもうやってないです。TOEIC960とったときはほんとにキレキレだったんですが(泣)

まとめ:シャドーイングのやり方は2段階でおさえよう

僕は律儀に全ての問題で、解答解説でしっかりミスったところや単語、フレーズ、パラフレーズを全て確認していました。

そこから、さらにシャドーイングをすることで練習の密度を圧倒的に濃くしていました。新公式問題集だけで、TOEIC860点までなら全然余裕だと思います。

なので、ぜひシャドーイングはスクリプトの有り、無しで2段階を踏んでやってみる。これが一番効率よくスコアが上がるのではないかと考えます。

ぜひ試してみてくださいね。練習の質がかなり上がるはずですので。これで効果あったらツイッターやコメントでこっそり教えてください笑

それでは僕は次の記事を書くことにします。さらばっ

ABOUT ME
クスハラ ショウゴ
新卒5ヶ月で会社をやめてから、10ヶ月程度プー太郎。 そののち、ウェブ系企業でバイト→エンジニア転職を果たす。 実はTOEICほぼ満点だったりする。 ご連絡は shogo.kusuhara@gmail.com まで

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です