未分類

【キャラ設定があれば楽勝です】マッチングアプリのメッセージで話題に困りがちな人へ

どうもこんにちは、クスハラです。

僕は以前、マッチングアプリで彼女を作ったり、手軽に飲んだり、ラインを交換したりと、
周囲の人と比べても、結構マッチングアプリをエンジョイしてた感じの人です。

そこで、僕が今まで使ってきたTinder、Pairs、ゼクシィといったアプリで
どうやってマッチングしてからメッセージ交換→実際に会っていたのか
ノウハウを少し伝授しようかと思います。

スポンサードサーチ

【悲報】そもそも「どこの馬の骨かもわからない人」に会いたい人はいません

残念ながら男女とわず、まずはここで引っかかっている人がとても多い印象です。

マッチングアプリだと、「○○さんはモテる」みたいな前情報もなければ、直接的な接点は一切ないわけなんです。

なので、いかに上手に自分のことを売り込むのか?がとても大事な掴みの部分になっています。

「めちゃくちゃ写真が可愛い」とか、「めちゃくちゃイケメン」、「めちゃくちゃいい企業」、「めちゃくちゃ好みの人」

といった要素で、親密さの壁を乗り越えるのが出会うための必須条件だと感じています。

さて、ではこの壁を一番簡単に超えるのはどうすればいいでしょうか?

僕がまず考えたのは「女の子が好きな芸能人やイケメンで自分を説明する」という手法です。

 

【僕の手法】「○○似」を推しまくって、「○○さん」から話を広げていく

実際に僕の例だとこんな感じですね。

どうも初めまして!マッチ嬉しいです
岡田将生大好きです!
えー、ほんとに?おれそんなイケメンじゃないんだけどねw(計画通り・・)

先にプロフィールに「○○似ってよくいわれます」と仕込んでおきました。まずはこれで、女の子の興味関心を引くことに成功します。

女の子の方から「期待」を持って話を振ってくれるようになると、かなり話が進みやすくなります。

どういうことかというと、このマッチングは直接的に僕に好感をもってもらったのではなく、岡田将生という第三者で、僕たちの関係を考えることができるようになるんです。

見ず知らずの人と話を進める基本としては、

「ウケがよさそうな有名人を先に用意」→「どんどん自分に興味をもってもらう」

という順番が一番いいのは、先述したとおりです。「誰もその辺の人に会いたいわけではない」ということなんですよね。

例えばあなたが白石麻衣ファンだったら、「わたし白石麻衣似なんですよね、、、」っていわれたら会いたくて仕方ないですよね。そういうことですw

スポンサードサーチ

「会って大丈夫そう」なレベルまでキャラを確定させる

さて、有名人を仲介して、仲良くなれるようになってきました。

次のフェーズは、「○○さんっていう有名人とどこまで似ているんだろう?」という興味関心をそのまま自分の興味関心に向けさせるようにする必要があります。

顔写真がいいですとか、年収がいいといった条件がそろってすでに基本的なマッチングができていれば

「有名人好きフェーズ」→「あなたのこと気になるフェーズ」までの移行はかなりすんなりいくのではないでしょうか?

結論:異性が好きそうな有名人から逆算しよう。

例えば、読者のあなたが男性だったら、マッチングアプリを使っていて

「白石麻衣と会える!」と思ったらワクワクしませんか?笑

それと全く同じ心理でして、Aさんという方の好みが有名人Bさんならば、

あなたが有名人Bさんに近ければ近いほど、勝率は上がります。

なので、マッチングアプリで出会う確率を高めるための僕のノウハウとしては

要点のまとめ

・自己紹介に有名人でいうと誰に似ているかを絶対に説明する
・その有名人が好きな人に向けてマーケティング¥
・初めてチャットしたときに、その有名人を使って「どこが似ていて、どこが似ていないのか」「友達の異性からはどう思われているのか」をしっかり解消していく

こういったノウハウがあったので、これまでなんどもマッチングアプリで出会うことができています。

マッチングアプリを使うにしても、マーケティングはかなり重要なポイントなので、「どういった女の子に好かれたいか」から逆算していくといいかもですね

 

ABOUT ME
クスハラ ショウゴ
新卒5ヶ月で会社をやめてから、10ヶ月程度プー太郎。 そののち、ウェブ系企業でバイト→エンジニア転職を果たす。 実はTOEICほぼ満点だったりする。 ご連絡は shogo.kusuhara@gmail.com まで

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です