デザイン

【2019年・最新版】海外の写真素材サイトのおすすめ3選

ブログ素材やデザイン用途にて沢山利用する機会があったので
まとめてみました。

有料版と無料版があるのですが、個人的にはそれぞれ
1つのサイトを押さえておけば大丈夫だと思います。

私自身、ウェブデザイナーとして働いていました。
例えばこんなサービスのデザインの担当をしていました。

>>「わたしたちの結婚式」

こちらのサイトはたくさんの方にみていただいていたのですが、
素材はほとんどが海外サイトor国内サイトの有料画像で組んでいました。

無料素材だとどうしても「ここで決めたいのに、欲しい素材がない!」
なんてことになりがちで、用途によるかとは思いますが、
無料素材をみつつ、有料素材も吟味していくのが良いと思います。

基本的には、無料素材かつ日常的な利用には「Pixabay
しっかりとデザインを組むときには「Shutterstock

また、デザイナーの方だと「freepik」が上質なデザインが入手しやすく、
とてもオススメです。ご利用される用途ごとに、それぞれ紹介してみます。

スポンサードサーチ

おすすめの海外の写真素材サービスを紹介!

Pixabay

基本的に海外サイト&無料素材だと、ここを探してなかったら諦めた方がいいかもです。

素材は動画、写真など幅広く100万点以上の画像を無料で利用することが可能です。

ここで掲載されている画像は、
商用、非商用を問わず、コピー、改変、再配布することができます。」
と明記されているので、利用も安心ですね。

>>Pixabay公式サイトはこちら

Shutterstock

Shutterstockは有料の高品質素材を買い切ることができるサービスです。

ニューヨークに本社を置いていて、過去には「The Godzilla(ゴジラ)」
を筆頭に、ハリウッド映画からPV、ドラマ、ポスターからウェブ素材まで
プロ向けの用途として、いま最も信頼されているウェブサービスです。

もちろん、週ごとに無料の素材が配布されたりとおトクに使えるので
まずは登録しておいて損はないはずです。

>>Shutterstockの公式サイトはこちら

freepik

freepikは、主にフォトショップやイラストレーター向けファイルを扱う
「デザイン素材」系のウェブサービスです。

デザイン用途にかなり強く、例えば「背景(background)」と検索してみると
かなりいい感じの写真素材も出てきます。

ただ少しネックなのが、有料プランではないと
「素材の提供者へのコントリビュートの明記」
が利用の条件になっている点なのですよね。

そこが少しデザインとしてパブリッシュするときには
ネックになってくるのかな、と思っています。
(自分の名義で出したい場合はShutterstock一択ですね)

ただ、デザイナーだと間違いなく役に立つので
絶対にチェックすべきサイトだと思います。

>>freepikの公式サイトはこちら

シチュエーション別の用途をまとめ

(↑pixabay :一般的なイメージだとかなり強いです)

以上の紹介してきた3点をまとめると、こんな感じになるかと思います。

ぜひ、海外サイトの写真を探す際の参考にされてみてくださいね。

①カジュアル系→Pixabay

②著作権も買い取って私的に公開したい→Shutterstock

③デザイン系→freepik

ABOUT ME
クスハラ ショウゴ
新卒5ヶ月で会社をやめてから、10ヶ月程度プー太郎。 そののち、ウェブ系企業でバイト→エンジニア転職を果たす。 実はTOEICほぼ満点だったりする。 ご連絡は shogo.kusuhara@gmail.com まで

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です