ENGLISH

【実際に喋ってみた】TOEIC900の難易度ってどのくらい?3つのポイントで解説します!

僕は、大学3年のときにTOEIC855点→TOEIC960点わずか3カ月で上げた経験があります。

僕
TOEICは正直、解答テクニックを磨く事の方が、実際の英語力よりも重要になっています。そのため、昇進や就職・転職にはもってこいなのですが、人によっては全く話せる人がいなかったりします。

よく、「なぜそんな早い段階で、TOEIC高得点を取れるんですか?」と聞かれます。特殊なテクニックなどではなく、大学のキャリアセンターにある「TOEICの講座」を受けていたのが幸運だったんですよね。

「自分が所属している集団から刺激を受けて、勉強せざるを得ない環境に身を置く事で、自分の成長を客観的に比べることができますし、ライバルには「負けたくない」という気持ちにもなれるんですよね。

僕は受験勉強は嫌いでほとんど勉強しなかったのですが、TOEICもとい英語が大好きだったので、ゲーム感覚で友達と競っている中で、どんどんスコアが伸びて楽しかったんです。

今回の記事では、そんな一応TOEIC900点ホルダーの僕が、具体的にTOEIC900点の難易度を解説します!

この記事を読むと…
✔︎TOEIC900の難易度が実感できるようになります
✔︎ビジネス目的とはいえ、楽しくやらないと英語は伸びづらいかもです
✔︎自分を追い込めるような環境は大事かもです

想定しているレベル: TOEIC700点から800点の方

スポンサードサーチ

TOEIC900を超えるのに必要な勉強量について

僕
TOEIC900点への難易度は、現在のスコアによって左右されるかなと思います。

TOEIC855点からTOEIC900点までは、やっぱり大変でした。だけど、TOEIC600点から800点に上げるような種類のキツさではなくて、ゴールがみえるマラソンをやる感じでした。

TOEIC900に挑戦するのは、意外と辛くない話
✔︎TOEIC600点からTOEIC800点に必要なくらいの勉強量です
✔︎TOEIC800点から、解いていて分からない部分を細かく詰めるイメージ

実はわかる範囲をさらにわかるようにする作業なので、そこまで辛くない!

僕
リーディングが好きな方だと、TOEIC800から900が一番楽しいかもしれないですね。どんどん細かい文法、ボキャブラリー、パラフレーズをインプットしていくので、TOEIC900までに大量の知識が身につきますね

僕がTOEIC855点からTOEIC960点を取るまでに、イ・イクフン著『解きまくれ!』という問題集を3周し、苦手なパートおよそ2000問を演習しました。「絶対に、ぎりぎり900点を狙って800後半に落ち着きたくない!」という気持ちを持って、走りきったんです。

留学前になんとしてもTOEIC900を取りたかった事もありますが、TOEICの講座で一緒に勉強していた方たちが、800点後半で1年ほど停滞していたのを見ていると、絶対にここで止まりたくない、と闘志が湧いてきたんです笑

僕がTOEIC855点->TOEIC900点にした勉強量
✔︎ボキャブラリーは分からないところだけを英語ノートにメモ
✔︎リスニングはパラフレーズや慣用表現をメモ
✔︎リーディングはダブルパッセージのパラフレーズ
✔︎苦手なパートを絞ってパート別の練習を毎日2時間ほど3ヶ月継続

結果: 約2,000問(公式問題集10回以上を完璧にする質)の演習量が必要かもです

TOEIC900の実力なのでちょっと喋ってみました

僕はTOEIC960点を3年生時にとって、そのあとアメリカミシガン州のWesternMichianUniversityのHaworth College of Businessへ留学しました。なので、多少の(およそ1年間の英語のシャワーで)ドーピングをしているのですが、
参考になるかもと思ったのでここはひとつ喋ってみることに!

あ、無編集の一発撮りだからあんまり期待しないでね笑
(サムネイルの顔死んでるやん、、、)

TOEIC900点を超えるレベルだと使う教材は選ばない(はず)

僕はいわゆる日本のみに滞在していた「純ジャパ」ではないので、少し英語力をミシガン州で底上げしています。TOEIC900点だとこれでも勉強ができるなー!と思うことが沢山思いつきました。リストにしてみたので参考にしてみてください。


✔︎好きな海外ドラマを英語字幕(ナシ)で楽しむ

これはTOEIC900台だと少しキツい人もいるかもです。僕は留学後に字幕なしでみれるようになりました。
✔︎英語圏の人と英会話を気軽に楽しめる
→ぐだぐだすることはあってもTOEIC900点の人で困る人はいないと思います。僕は留学後は楽しく話すことができるようになりました。
✔︎英語のYouTubeチャンネルをひたすら見る
→TOEIC900だと少しチャレンジですが、NetFlixなんかよりまだまだ大丈夫だと思います。留学後は苦も無く聞けて快適な感じです。
✔︎TOEICを解く
→留学した今では少し考えられないです。それよりも、自然な言い回しをどんどん吸収したいな、と思って生の英語に触れる機会を増やします。

ザッと思いつくことはこの4つでしょうか。いやー。留学いくと英語が使えるようになってくるので、英語を使うのがより一層楽しくなりました!まだまだ発展途上ですが「ようやく英語を積み重ねていく土台ができたなー」とモチベーション高く頑張ることができます。

え?TOEIC対策してないやん?そうかも。だって、TOEIC上手くなってもアウトプット型の英語は全く伸びないからあまりやる気がしなくなっちゃいました。僕はアメリカの友達とかと話したり、英語でYouTube(PewDiePie)を見るのが大好きで、テストで点を上げるよりも、実際に聞いたり見たり、話したりする方が英語の実力が上がるようになりました。

何が言いたいかって?そう、英語の実力を上げるようにすればTOEIC900点なんて演習を積んでいたらすぐ到達するということなんですね((´∀`*))

スポンサードサーチ

TOEIC900点は通過点であって、ゴールではない

TOEIC900の難易度は、人によって違ってきて当たり前だと僕は考えています。だって、英語の習得までを考えたら、向き不向きや、練習の方法も違ってくるから、違って当然じゃないですか?

あまり「〇時間やればスコアが上がる!」と、視野を狭くしながら勉強されることをオススメしません。転職や留学などで短期でスコアが必要な場合なら、ひたすら演習量を増やして、対策をしていくべきです。しっかり「TOEICを通じて使える英語にしていく」というマインドセットでひとつづつ積み重ねていくと、日々の練習でも退屈せず、向上心をもって取り組めるので、一番TOEIC900点の難易度の攻略に近づけるはず

語学の学習は、一朝一夕で身につくものでもなければ、一朝一夕で学習するものでもないと思います。ぜひ、「TOEICを通じて使える英語にしていく」という点を意識して学習されると、効率も上がるかと思うので試してみてくださいね。

ABOUT ME
クスハラ
立命館大卒('18)後に新日本有限責任監査法人(EY新日本) ドメスティックな職場で全くキャリアが読めずに5ヶ月で退職。 後にアマゾンせどりで生計を立て、空いた時間で勉強しエンジニア転職。 その後、実務経験7ヶ月でフリーランスエンジニアとして独立・開業。 在学中にアメリカ留学の経験があり、TOEIC960点(大学3年時)。 ...結局、少し社会不適合な人だと思いますw ■連絡先 shogo.kusuhara[あっと]gmail.com

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。