雑記

【golang・macOSX】GO言語のインストールガイドは公式が一番まともだった件

GO言語のインストールガイドをググっていると、
qiitaや個人ブログに行き着くのですが、
どれもガチめにわかりづらい、、w

今回は、macos向け公式インストレーションガイドを
わかりやすいように翻訳しておきました。

スポンサードサーチ

golang.org: How to write codeの抄訳

参照元リンクはこちら

やっぱり、公式ドキュメントが体系的で一番わかりやすいですねー。

私自身で使ったところのみをピックアップしてるので、
おそらく原文を読んでいただいた方が良いかと。

英語ですが説明ったらしくないので、かなり読みやすいです。

workspaceについて

srcはGO言語のソースファイルディレクトリです。
ここにソースコードを格納します。

binでは実行可能なコマンドファイルが生成されます。
よく使うのはこの2つです。

ファイルツリーの参考はこんな感じ。

bin/
    hello                          # 実行可能なコマンド
    outyet                         # 実行可能なコマンド
src/
    github.com/golang/example/
        .git/                      # Git レポジトリのメタデータ
	hello/
	    hello.go               # コマンドソース
	outyet/
	    main.go                # コマンドソース
	    main_test.go           # テストソース
	stringutil/
	    reverse.go             # パッケージソース
	    reverse_test.go        # テストソース
    golang.org/x/image/
        .git/                      # Git レポジトリのメタデータ
	bmp/
	    reader.go              # パッケージソース
	    writer.go              # パッケージソース
    ... (他にもたくさんのパッケージ・レポジトリ) ...

Workspaceの環境変数GOPATHについて

基本的には$GOPATHの直下にbinを作成するだけです。

$ export PATH=$PATH:$(go env GOPATH)/bin

とりあえずハロワしてみる

ソースコードに直で指定するのではなく、
GOPATH>bin>(ソースコードフォルダ)>ソースコード.go
という形で置いていきます。

ターミナルからだと、(ソースコードフォルダ)をinstallしたりrunします。

$ mkdir $GOPATH/src/(ソースコードフォルダ名)

試しにソースコードをhello.goとして保存してみましょう。

package main

import "fmt"

func main() {
	fmt.Println("Hello, world.")
}
$ go install (ソースコードフォルダ名)

もしbrewコマンドとかで謎なインストール場所になった時は、
フォルダ階層で指定できるので、「挨拶」フォルダを作成して3階層下ったとすれば、
例えばこんな感じの階層になります。

$ mkdir $GOPATH/src/(挨拶)/(朝の挨拶)/(hello) 
$ go install (挨拶)/(朝の挨拶)/(hello) 

golangのインストールで2時間くらい取ってしまいました、、
はじめっから英語のドキュメントに当たっておけば!と後悔してます。

今後、まずは公式ドキュメントから当たることにします。。。

ABOUT ME
クスハラ
立命館大卒('18)後、ニート。 その後、webエンジニアとして独立・開業。 留学経験あり。TOEIC960点(大学3年時) 複数のwebサービスのグロースから開発までを担当。楽しく仕事して自由に生きているので、ブロガーとしては世の中の当たり前を疑う視点を提供する記事を書きたい。 ■連絡先 shogo.kusuhara[あっと]gmail.com

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。