e-sports

[2020年]LoLをプレイする上で最適なマウス7選を考察してみた

僕
まだLoLのランクは最高ゴールド1ですが、今までe-sportsカフェとかオフラインとか海外大学のサークルでプレイしてきた経験が結構あるので、デバイスについて考察してみました

まず、をプレイする際にマウスとマウスパッドが必要かどうかについてですが

結論、マウスはプレイする上で必須だと思います。

「CSを取る」「ターゲットを絞る(キャストする)」「移動する」3つのメカニクスがありますが、そのどれもがマウス精度に極端に依存してますよね。

ランク戦で全員のMMRレートが同じチームでマッチングをするので、マウス精度で負けている場合、全ての行動で負けることになってしまい、致命的です。

「LoLにおいてはマウスDPIが重要」という話になってくるので、この点を少し深掘りした後、オススメのマウスを7本ほど紹介してみます。

ゲーミング以外の普通のマウスを使ってた頃はブロンズ4とかまで下がったことあるのですが、しっかり環境を揃えるとMMR(ランク)も実力か実力以上で安定してくるので、勝つためならマウスも選ぶべきですね。いい物を揃えるとQOLも上がります

みんながいい環境を揃えて、QOLを上げ、平和な日本サーバーになるよう願っています。

この記事のポイント
✔︎
マウスポインタの精度が高いと、ミリ単位でしっかり操作できるようになる
✔︎
各種プレイングの質が上がる
✔︎
【安くてもOK】ゲーミングマウスは必須なので買うべきです

>>ざっくり全部のまとめを見たい方はこちら

スポンサードサーチ

LoLはDPIを上げないと勝てないのでマウスだけは外せません

LoLだとゲーミングマウスなら1mmレベルで調整しながら動かせる感覚があります。イメージですが、ペイントツールなどで実際にペンで書くのと同じくらいの精度が出せるのがDPI10,000から。

DPIとは「ドット パー インチ(dot per inch)」の略で、1インチ動かす際に画面上で何ドット動かすことができるかという指標です。

LoLに限った話だと、「DPIが多いほど細かな操作ができる」と考えて差し支えないです。

例えばDPI4,000とDPI10,000のマウスがあれば、DPI10,000(ゲーミングマウスの平均)のマウスの方が、同じマウス感度の設定でもより細かな動作ができるので、LoLではとても大事なベンチマークです。

通常のマウスの平均的なDPIが1,000くらいなので、DPI10,000(ゲーミングマウスの平均)だとマウス操作に関してはどの解像度でも「めちゃくちゃ正確」なレベルまであげることが出来ますね。

通常のマウスだとドットが飛んでしまい、レーニングの前にそもそもCSすら取れないみたいな状況になりがちなので、安くても全然OKなので最低限DPI高めのゲーミングマウスは買っておきたいところ

DPIがなぜ重要?まとめてみた
✔︎DPI高ければ高いほど細かな操作ができるように
✔︎DPI低いと、スクロールが飛んでしまう(読み取れないドットが発生)
✔︎ミリ単位を読み込む必要があるLoLでは10,000DPIくらいは欲しい

[QOLが上がります]LoLに本当にオススメのマウス7選![勝率も上がる]

それでは、LoLに本当にオススメできるマウス7選を紹介していきます!

まずは一番有名なあのメーカーから。

【補足】マウスの持ち方によって、使うべきマウスを決めよう

大きく分けると、「かぶせ持ち」「つまみ持ち」というスタイルがあります。それぞれのつかみ方によって、オススメのマウスが違ってくるので少し見てみましょう。

まずはこの表をみてみてください。

一番上のPalm grip「かぶせ持ち」
真ん中のClaw grip「つかみ持ち」
一番下のFingertip grip「つまみ持ち」

それぞれを表にするとこんな感じ。
ぜひ自分にあったマウスを見つけてみてくださいね。

【超オススメ】1位: Razer DeathAdder Elite Gaming Mouse

LoLにおいてはトッププロ(主に韓国)での使用率がかなり高く、MOBA向けとして評価は世界でも最も高いマウスだと思います。「何を買おうか迷う」という方には一番オススメです!

Razer DeathAdder Eliteは高精細なセンサーを持つeSports標準のマウスです。LoLでもFaker先輩(Razer Death Adder Chroma)、Bang(元SKT優勝メンバー), KT Rolster(韓国強豪チーム)を始め沢山のトッププロが実際に使っていることからも実績十分。

元々、RazerがSKTのスポンサーだったそう

メカニカルマウススイッチを採用していているため、マウスクリックの硬さが全く劣化しません。クリック感度が変わるとプレイングの感覚も変わってしまうので、これはゲーマーにとってはめちゃくちゃありがたい。5000万回クリックまでOKな水準で、耐久性にも優れていています。

僕もRazer DeathAdder Eliteを使っています。何度も落としたり水をかけてしまったりしていますが、全く壊れる感じでもないので、耐久性も抜群ですよ

LoLだとサモナースペルでもしかしたら割り当ててる人もいるかもですが、サイドボタン7つ付きなので、他のMMOやシューティング、FPSなど一通りのゲームを快適にプレイするスペックが揃っているので、これ一本で間違いなくOK。

僕
Faker先輩が世界大会でこれを使っていたので、このマウスを買っておけばとりあえず負けた要因はデバイスではないことがわかるので、さらにソロQを回すやる気も出てきますね()

また、LoLだとそこまで使わないですが対スピード性能も抜群なので、どのゲームに求められる水準もクリアできる数少ないマウスですね。



クローマ(色が変えられる)バージョンもかなり人気で、1680万色の中から自由に好きな色を設定でき、キーボードと揃えてみるのもかなりいい感じですね。

 

 

既に4年間使っていますが、まだまだ現役バリバリでいてくれているので、Razer DeathAdder Elite、本当にオススメですよ〜!

【ド定番】2位:Logitech G502 HERO

こちらのLogitech G502 HEROもド定番ですね〜。重量感があって、特徴的なデザインです。マウスの右クリックの時のグリップの安定度は抜群コントロール性に優れている印象です

このマウスは現福岡ソフトバンクゲーミングホークス所属、元DFM Ramune選手が愛用していたことで有名ですね。(2019年12月現在、正確にはLogitech G502ワイヤレス)

>>参考:ケインもオススメ! “重いマウス好き”向け無線モデル「G502 LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミングマウス」発表会

特筆すべきは、重すぎない重量感があること。Razer DeathAdder Eliteは長時間練習や長時間プレイすることを念頭に、エルゴノミクスに基づいた「疲れづらいデザイン」を優先し、かなり軽量なマウスですが、Logitech G502 HEROはむしろ重さをカスタマイズするための機能も搭載

実はマウスの読み取り部分におもりを入れることが出来ます

LoLだと大量のボタンは使わないのですが、11ものサイドボタンを搭載しているため、フォートナイトやPUBGなど複数ボタンをプリセット登録したいゲームもプレイする際かなり便利ですね。

 

光っているのがDPIメーター。すぐ横のボタンで上下に変更できます。

その中でも、DPI調整のためのボタンが標準搭載されているのはかなり便利ですね。マウスを使う環境で動く幅が微調整してしまうので、好きなタイミングでDPIを変えられるのは重宝すると思います。

Razerより手に馴染むとよく言われる日本人向けのマウスですね。実際に使った際も、使用感としてはDeath Adderよりもいい感じで、好感触でした。見た目のデザインと右クリックのやりやすさ(メカニカルスイッチ)は抜群です。

こんな人にオススメ
✔︎カスタマイズ性に優れたマウスが欲しい
✔︎サイドボタンを結構使うorフォートナイト・PUBG・MMOもやりたい
✔︎軽めより重めのマウスでコントロールが欲しい

オススメできないポイント
✔︎左利きのユーザーだと使えない(右利きにしか対応していない)
✔︎少し重い

【センサー最強】3位:SteelSeries Rival 310

パッと見ただけだとよくあるゲーミングマウスカモですが、実はセンサーの反応がどのゲーミングマウスと比べても最強という評判を得ています。ガチゲーマーにオススメの一本です。

このマウスはFPS有名ストリーマーのstlish noob氏が使っていたマウスとしても有名ですが、一番のポイントとしてはセンサーの反応が最強(TrueMove3 12000 DPI, 350 IPS )なんですね。ハイセンシと呼ばれるマウスを手で細かく動かすゲームにもっとも向いているとされていて、FPS界でも認められたマウス。

左右に滑り止めを持つ特殊なマウス形状

独自の形状をしていて、左右についている滑りどめと全面が大きく前に落ちる形状が手にフィットしやすい作りになっています。少し手が大きい方向けだそうですが、基本的に全ての人向けに作られているので問題はないかなという感じ。

センサーが高性能なので、30cmほどのマウスパッドに収まるくらい、15cm程度しか動かさないようなプレイイング(手を使ってゲームをする)にとてもフィットします。また、デフォルトでマウスロゴカラー変更が可能で、クリックをした時の戻りが早く、素早い動作を的確に行いたい時に効果を発揮するマウスです。

こんな人にオススメ
✔︎手が大きく、かぶせ持ちをしたい方
✔︎腕ではなく手で細かくゲームをプレイする方
✔︎FPSもガチでやっている方
✔︎ストイックに反応なマウスが欲しい方

オススメできないポイント
✔︎手汗持ちの人だと滑り止めが辛い(シリコン製の滑りどめが熱を持ちやすく、手汗で滑りやすくなりがち)
✔︎つかみ持ちユーザー・つまみ持ちユーザーだと辛い

手が小さめで、つかみ持ちをメインでやりたい方は次のCORSAIR Harpoonがオススメですよ

4位:CORSAIR Harpoon

少しLoLのプロシーンに詳しくないと知らないかもですが、韓国プロリーグLCKのGriffin chovyが使っているデバイス

大きな特徴としては、手が小さい方にフィットする小さめのサイズ。普通に手全体をマウスに置く「かぶせ持ち」だと腕が疲れてしまうので注意です。指先でマウスを掴むように操作する「つかみ持ち」ユーザーだとかなりフィットするそう。

僕は基本的にかぶせ持ちなのですが、小さめのマウスでがっちりつかみながらプレイする場合にはとっても良いサイズ感ですね。

5位:BenQ ZOWIE FK1

つまみ持ち、掴み持ちのユーザーにとても評判です!CS:GOのトッププレイヤーに長く愛用されている実績があります。また両利き向けのマウスとして一番評判がいいですね

このマウスを紹介した一番の理由としては、今まで紹介してきたのがいずれも「右利き専用」だったことですね。このマウスは「両利き」対応しているのが特徴です。マウスが滑りづらく、少し固めのクリックが好みの方にはピッタリ馴染んでくれます。

6位:CORSAIR M65 ELITE

このマウスの特徴は、感度最強の18,000DPIを持っている点ですね。重量のカスタマイズ性能にも優れています。

7位:Logitech G903

有名なLoLプレイヤーとしてNAナンバーワンミッドレーナーbjergsenが愛用しているデバイスであることで有名です

大きな特徴としては、各種カスタマイズ性能で、200-12000DPIまで50DPIで小刻みに調整でき、最大11ボタンのキー・マクロ登録機能、サイドボタンを付け替えることで両利きに対応できることが挙げられます。

スポンサードサーチ

まとめ:マウスの持ち方と機能・プレイスタイルで決めよう

少し項目が多くなってきてしまったので、「で、最終的にどれを選べばいいの?」って感じですよね? 一度、表でこれまで紹介したマウス全てをまとめてみました!
順位イメージ・製品利き手持ち方DPI
1位

Razer DeathAdder Elite Gaming Mouse

どれでも16,000
2位

Logitech G502 HERO

どれでも16,000
3位

SteelSeries Rival 310

かぶせorつかみ12,000
4位

CORSAIR Harpoon

つかみ推奨10,000
5位

BenQ ZOWIE FK1

つまみorつかみ400~3200
6位

CORSAIR M65 ELITE

つかみ推奨18,000

 

ABOUT ME
クスハラ ショウゴ
■プロフィール フリーランスエンジニアをしつつ、ブログと婚活メディアの運営を行っています。 立命館大卒業後、big4系監査法人へ新卒で入社。結婚式撮影サイトのPHP(WordPress)エンジニアを経て、web系受託開発で医療系マッチングアプリのオフショア開発。その後、女性向けフードメディアのバックエンドエンジニア。TOEIC960点 ■連絡先 shogo.kusuhara[あっと]gmail.com