TOEIC700-800

【2020年|最新版】TOEIC 700点を取るのに必要な参考書まとめ

 TOEICで700点を効率よく取るには参考書選びが重要になってきます。TOEICの参考書は種類が非常に多く迷ってしまいます。そこで、最短ルートで高得点を取れるようになるためのお勧めの参考書をご紹介したいと思います。

ちなみに筆者は2019年11月24日TOEIC公開テストで770点を取得しています。公開テストを初めて受けたのは9月29日でその時の点数は580点でした。

一応、1ヶ月勉強して受けたテストだったため、少しショックを受けた覚えがあります(笑)。その時に感じたことが参考書選びの重要性でした。

それでは実際に20冊以上の参考書を試した私がオススメする参考書と理由を書いていきたいと思います。

スポンサードサーチ

TOEIC 700点を取るのにでオススメの単語帳 3つ

1位 金のフレーズ

価格新書 ¥979
著者TEX加藤
内容紹介前作から4年半。絶対のバイブル「金フレ」が新形式に対応して大改訂。TEX加藤氏が魂を込めて分析を続け、力の限りを凝縮した「100%の出る単語帳」。質・内容・コスパ、これ以上のTOEIC単語集はありません。
■全単語、フレーズの無料音声付き
■スマートフォン無料アプリ対応。
目次600点レベル 助走の400語
730点レベル 加速の300語
860点レベル 飛躍の200語
990点レベル 頂点の100語Supplement
パート1重要語100
部署・職業名
前置詞・接続詞・接続副詞
多義語88
定型表現120
オススメ度
Amazon 売れ筋ランキング9位 – 新書
2位 – TOEIC(単語・熟語)関連書籍
16位 – 英語よみもの

この単語長の特徴としてはとにかく頻出の単語を扱っているという点です。

こちらに書いてある単語1000語を覚えるとTOEICで単語不足という状況に陥ることはまずありません。

しかし、デメリットもあります。この単語帳は日本語を英単語に直すタイプになっているので、TOEICに求められている英語を日本語に直すという思考回路とは逆になっている点だけは注意です。

金のフレーズのAmazonでの評判はこちら

5つ星のうち5.0
コスパ最強TOEIC英単語帳

2018年10月9日に日本でレビュー済み著者の80回を超える受験経験を元に作成されたTEXファイル。このTEXファイルによって確実に本番で出てくる形で覚えることができる英単語帳です。ランニングマンしながら音源を1時間ほど聞き、毎日10ページずつ進めていると3ヶ月ほどで450点→700点まで上がりました。毎日続けることの大切さを身を持って実感できました。
Amazonのトップレビューより引用

5つ星のうち2.0
私には覚えにくかった
最高の評判だけあってTOEICに相応しい語彙ばかり。でも覚えにくい!
これを克服するためにスマホ版を再購入しました。風呂でも学習できるから、私は書籍版でなくスマホ版を強く勧めます。内容自体は、他の類似品にはないほどの仕上がりです。あくまで個人の評価なので、手段として別ルートもあることも比較してから購入するのもありかなと思います。ちなみにiPhoneだとスマホ版も2種類あります。
                        Amazonのトップレビューより引用

5つ星のうち5.0
とてもよかった
この単語帳だけ使ってTOEIC本番に挑みました。
使う前はなにも勉強せずに625点でした。
文法やリスニングはなにも対策をせず、この単語帳だけを2ヶ月弱ひたすらやり、850点にまで点数が上がりました。
TOEIC対策で鉄板の単語帳だと思います。
900点も十分に狙えます。
買って損なし。

金のフレーズの商品リンクはこちら

オススメ度
必須度
黄金度
TOEIC960点
TOEIC960点
TOEIC高得点者なら知らない人はいないほど有名なのが本書。TOEIC900点までこれ1冊でOK

2位 TOEICテスト英単語出るのはこれ!

価格単行本¥1,980
著者中村 澄子
内容紹介受講生の点数を必ず大幅アップさせるTOEIC業界のカリスマ講師による、単語本の決定版。重要単語・表現が約1150、収められています。

本書は、パート別に頻出する単語を網羅した一冊です。パート別に構成された単語集は著者の力量が問われるので作るのが難しいのですが、本書はテストを10年間ほぼ毎回受験している著者だからこそできました。傾向と対策を抑えているのはもちろんのこと、出る単語・表現のデータベースを作成しているのでそれを最大限活用しています。

英文は短くわかりやすく、かつ、ターゲットとなる単語が随所の英文に散りばめられています。類語や派生語も必要なだけ収録されています。音声もダウンロードできます。

点数を効率よく上げたい方は必読。新しい定番の誕生です!
内容各章、「易→難」の順に単語を配列。短くわかりやすい英文。ビジネスですぐに使える便利な例文も多数掲載。著者自らデータを取り続けた12年間の集大成。「絶対に出る単語・表現」に絞った一冊。
オススメ度
Amazon 売れ筋ランキング142位 – TOEIC
1196位 – 英語よみもの

 こちらの単語帳はパートごとに頻出な英単語対策をするタイプの参考書です。1150語収められており、苦手なパートがある方にはもってこいの単語帳です。

TOEICに必要な単語がパートごとに学べるだけではなく、ビジネスですぐに使える便利な例文も多数紹介されており、「絶対に出る単語・表現」に絞られた1冊です。

TOEICテスト英単語出るのはこれ!Amazonでの評判

5つ星のうち5.0
金のフレーズはいらない
滅茶苦茶優秀すぎてビックリした
最近の(この本が出版された以降の)TOEIC公式問題集を解いているが、TOEICが逆にこの単語帳に合わせてるのかってくらい、本当にPARTごとの単語が出てきます(笑)
単語帳にしてはでかいし高いけど絶対にこの本オススメします。
これやって公式本を繰り返すだけで800絶対に行く

5つ星のうち5.0
この単語本は、TOEICのためだけに作られています
過去に何度もTOEICを受けていますが、信じられないくらいこの本に書かれている表現をテスト中に見ることができます。
英単語となっていますが、頻出熟語もカバーされています。
この本を覚えてしまえば、TOEIC800まで通用すると思います。

5つ星のうち4.0
この単語本は、TOEICのためだけに作られています
中村澄子さんは、メルマガを通して知りました。もう何年も前ですね・・
TOEIC の模擬試験などには、やや難易度も低いことから、対応できましたが、
2016年3月13日の今日に受けた試験では、物足りなかったです。

2016年5月29日の新試験では、違和感を感じませんでした。
この本で、乗り切れると確信してます。

この本は、音声をダウンロードできます!聴きやすい音声です。

『TOEICテスト英単語出るのはこれ!』商品リンクはこちら

オススメ度
必須度
これだけ度
TOEIC960点
TOEIC960点
新傾向のTOEICになって、圧倒的に支持が上がった1冊。網羅的にTOEIC英単語を学びたい方にオススメです

3位 金のセンテンス

価格新書¥979
著者TEX加藤
内容紹介100万部突破の「金のフレーズ」を、文で覚える単語集。
TOEIC必出の約1500語を360センテンスに凝縮。

本書掲載の単語(約1500語)は、下記のリストから厳選しました。
1. 金フレの見出し語1000(「金の1000語」)
2. 金フレに掲載されている見出し語以外の重要語
3. TOEIC受験後に毎回更新している「TEXファイル」
4. TOEICの製作元であるETSが発売した日韓の公式教材

また、本書の音声は弊社HPから、パソコンで自由にDLできます。
1 【英語版】 英文のみを読み上げる
2 【日英版】 和訳と英文を交互に読み上げる
3 【基礎版】 「和訳⇒英文⇒単語⇒英文」の順に読み上げる
音声は以上の3種類があります。
*スマートフォンをお使いの場合は、「abceedアプリ」もご活用いただけます。スマートフォンのアプリでは、音声速度を変更して学習することもできます。一部有料コンテンツもありますが、音声機能は無料でお使いいただけます。

著者はTOEIC L&R TESTを毎回受験、新形式移行後も、20回連続990点満点取得。
長年の経験と分析の粋を詰め込んだ、鍛えられたテキストで学習すれば、比類なき成果を得られると信じています。

◎「金の1000語」の選び方
本書の英文は、姉妹書である『TOEIC® L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ』の1000の見出し語をベースにしています。このコラムでは、その1000の見出し語の選定方法をご紹介します。
1. 日韓で発売されている公式教材をテキストデータ化します。
2. そのデータを語彙分析ソフトにかけます。
3. 単語を頻度順に並べ、リスト化します。
4. リストから機能語(冠詞や前置詞等)を除きます。
5. 中学校の検定教科書を参考にして、中学レベルの単語を除きます。
6. アルクのSVL12000等でそれぞれの単語の難易度を数値化します。
7. TOEIC 的な視点で難易度の数値を微調整します。
8. 単語を頻度順・難易度順に並べ直します。
9. リストの上位から順に単語を厳選します。
10. 「 TEX ファイル」から、本試験で出題された単語を加えます。

上記に加え、パート1(写真描写問題)特有の単語や多義語を別途まとめる、派生語を整理する、市販の単語集で漏れがないかをチェックする、といった作業も行います。また、作業期間中に受験した公開テストで新たな単語が出題された場合、随時リストに追加します。
「金フレ」の見出し語は、こうした作業を経て、選び抜かれたTOEIC に出る「金の1000語」です。

内容金フレ1000語を含む約1500語を凝縮!読解スピードもUP!リスニング力もUP!直前復習にも最適!
オススメ度
Amazon 売れ筋ランキング20位 – TOEIC
178位 – 新書
75位 – 英語よみもの

こちらは金フレに乗っている単語に+500語入っている単語帳になります。英語の例文を見てその中に重要英単語が含まれているタイプの単語帳ですね。

電車や空き時間にも非常に使い勝手がいい単語帳になっています。しかし、TOEIC700点を取るためには少し単語量が過剰であるように感じます。

番外編 銀のフレーズ

こちらは基礎単語に不安のある方にお勧めの単語帳です。リスニングなどで5割以上の単語が分からない場合はこちらの単語帳を試してから先ほど紹介した単語帳を使ってください。

TOEIC700点を取るのにオススメの文法書 2つ

1駅1題 新TOEIC TEST 文法特急

問題数は118問と非常に少ないのですが、知識が足りないということはありません。典型的な問題を多く記載しており効率よくTOEICの文法を学ぶことができます。

TOEIC L&R テスト 文法問題 でる1000問

こちらの参考書は問題数が1049問あり網羅性は高いです。しかしながらTOEICで700点を取るためには問題数が多すぎるため2位に致しました。800点以上を目指す場合はぜひ取り組んでください。

[オススメできません]TOEICテスト文法1000

こちらは実際に筆者が解いてお勧めできないなと思った参考書です。おススメできない理由としてはTOEIC専用の文法を多く扱っていなかったからです。

スポンサードサーチ

 TOEIC 700点を取るのにオススメの模試本 2つ

1位  TOEIC テスト 新形式精選模試リーディング、リスニング


こちらの問題集の特徴としてはまずコストパフォーマンスが非常に高いことでこす。5回分のリスニングorリーディングの問題が約2000円で売られています。そして、質もよくこの二冊だけでも十分の実力が得られます。実際筆者はこの模試3回分が終わってTOEICで710点獲得することができました。難易度が本番より少し高いため本番に怖気づいてしまうこともないでしょう。

 

2位  TOEIC公式問題集

お金に余裕があり実際の難易度で解きたいという方にお勧めの参考書です。こちらの問題集は実際の試験を作成している団体が作っているため問題の質は言うまでもなく本番同様になっています。

[オススメできません]  新形式対応 TOEIC TEST 完全予想模試

こちらはお勧めできない模試です。お勧めできない点としては、リスニングの問題にひっかけ問題が多くあり、TOEICらしくない文章を扱っているためです。TOEICでは同じようなビジネスの内容を常に扱っているため、先ほど挙げた模試に慣れるだけでも有利に働きます。

まとめ:   TOEICで参考書選びはやはり重要

単語、文法、模試の3つでお勧めの参考書をご紹介させていただきました。筆者自身参考書選びで失敗したことがあり、参考書選びの重要性を痛感致しました。

こちらでご紹介させていただいた参考書は自信をもってオススメできるものばかりです。これらの参考書で自分の目標点を達成できるようにお祈り申し上げます。