League of Legends

【2020年版】LoLにオススメのマウスパッド5選

プレイスタイル・マウス別のマウスパッドの選び方

僕
大きく分けると、表面の質感と、マウスパッド自体のサイズで決めるとOKです。既にゲーミングマウスを持っている場合は、特にLogitech社製だと同じLogitech製品で合わせた方がいいです。他のブランドだと特にそういった縛りはないですね

✔︎ 【ポイント1】マウスパッドの表面について

MOBAでは、基本的にハード系素材推奨
・細かく複雑な動きもあれば、カメラ視点を動かす大きな動きもあるため、高DPIをストレスなく動かせる
・布系素材で、MOBA向け優良マウスパッドが入手しづらい

上記の通りです。

LoL含むMOBA系はFPSと少し事情は違っており、ミクロとマクロの動きにも対応できて、かつ高DPIを使いたいので、ハード系の素材が推奨です。

布系でも、あとで紹介するRoccatのTAITOはめちゃくちゃいい製品なのですが、Razerとか有力ブランドの布系マウスパッドを買ってもめちゃくちゃプレイし辛く、日本だと基本はもうハード系一択でOKです。

✔︎ 布系マウスパッドの問題点

  1. マウスの裏の突起などで微妙に摩擦し、パッドが動いて邪魔
  2. LoLに必要な細かい動きと大きな動きをする時に必要な、適切な大きさのマウスパッドが手に入りづらい

✔︎【ポイント2】マウスパッドの大きさについて

ゲーミング環境で、取れるだけ大きな物を買うのがベスト
・30cm四方とかだとLoLに必要な高DPIマウスを使うと絶対にはみ出ます。

・少し余裕を持って40cm以上は欲しいです(ハード系マウスパッドで、高感度設定なら30cmでも余裕あります)

マウスパッドはなるべく大きいサイズがオススメで、特にキーボードも一括で入れてしまえる物がオススメです。

なぜなら、ある程度余裕を持ったマウスパッドを買った時にありがちなのですが、キーボード部分が一部だけマウスパッドを下に敷いてしまって、LoLで必要な「QWER」あたりのコマンドをぶっ叩くと、キーボードがガタガタと不安定になってしまうからです。

そういった観点から、まず最もオススメなのは、Colsairの全部乗っけられるモデルですね。

✔︎ 【関連記事】LoLオススメのマウスはこちら

あわせて読みたい
【2020年版】LoLをプレイする上で最適なマウス7選を考察してみた まず、をプレイする際にマウスとマウスパッドが必要かどうかについてですが 結論、マウスはプレイする上で必須だと思います。 ...

1. Corsair MM300 Extended【巨大系でベスト】

出典:Lazada

✔︎ Corsair MM300 Extendedのメリット

+ 大きい・長い
+ 表面が滑りやすい(良い意味で)
+ 周囲が刺繍でしっかり縫われている
+ 耐久性に優れる(他のマウスパッドより汚れづらい表面)

✔︎ Corsair MM300 Extendedのデメリット

− Corsairのブランドロゴが大きすぎる
− デスクサイズが小さいと合わない

僕
「なんでこんなに大きなマウスパッドが必要?」って疑問に思われるかもですが、デスクに設置できるサイズだと圧倒的に便利ですよ。マウスパッドの位置を気にする必要がなくなりますし、手を全て載せながらプレイできるため、手首の動きが安定します

特に、腕でプレイすることが多い方で、デスクにスペースを用意できる方にはオススメです。(そこまで横幅が長すぎるわけでもないので、デスクトップPCのデスクだと問題ナシです。

✔︎ 製品画像の一覧 (出典:Amazon.co.jp)

特に、LoLで必要になってくる高DPIマウスとの相性が良いので、精度が要求されるMoBA系タイトルのゲーミングマウスと合わせて使いたいですね。

✔︎ ちなみにLoLオススメのマウスはこちら

あわせて読みたい
【2020年版】LoLをプレイする上で最適なマウス7選を考察してみた まず、をプレイする際にマウスとマウスパッドが必要かどうかについてですが 結論、マウスはプレイする上で必須だと思います。 ...

✔︎ Corsair MM300 Extendedの特徴

・LoLに必要な高DPIマウスとの相性が抜群
・横幅がかなり長い(全てのデバイスを置ける)

・低摩擦のためトラッキング精度が高い
・光学(オプティカル)・レーザーマウス向け

 製品ですが、長さ的にExtendedがオススメですが、どれも商品スペックが同じなので、気に入った長さで全然OKですよ。

 

2. Logitech G440【ハード系でベスト】

(出典:Amazon.co.jp)

✔︎ Logitech G440のメリット

+ 摩擦の少ない表面
+ 硬めのラバーベース
+ ブランドロゴが最小限

✔︎ Logitech G440のデメリット

– 少し値段が高い

✔︎ 日本人プロも使ってます

DFM Evi選手が使っているデバイスですね。KRサーバーでチャレンジャーまで行けることが証明されました笑

僕
オススメのポイントとしては、やっぱりLogitech製品のマウスを使っている方にとっては、ファーストチョイスのぱっどであること。また、高DPI向けマウスに設計されたハード系マウスパッドなので、LoLのような複雑で細かい動きをするゲームにぴったりです。

✔︎ Logitech G440の製品画像一覧 (出典:Amazon.co.jp)

✔︎ Logitech G440 の特徴

  1. 操作する時に全くズレない
  2. 表面の摩擦が少なく、いい意味で滑りやすい
  3. 高DPIで複雑で素早い動きをするMOBA系に最適化
  4. Logitech系マウスとの利用がとてもいい(もちろん他でも可)

3. Corsair MM800 Polaris RGB

出典: Amazon.co.jp

✔︎ Corsair MM800 Polaris RGBのメリット

  1.  15カラーのクロマ系ライティングがイケてる
  2.  地味に嬉しいUSBパススルー
  3.  低摩擦・高密度な質感による正確な読み取り
  4.  1.8メートルのケーブル

✔︎ Corsair MM800 Polaris RGBのデメリット

  1.  ケーブルの長さゆえ散らかってしまう
  2.  マウスパッドにしては少し高い

✔︎ Corsair MM800 Polaris RGBの製品画像一覧(出典:Amazon.co.jp)

✔︎ Corsair MM800 Polaris RGBの特徴

  1.  超明るい15色クロマライティング
  2.  USBパススルー
  3.  ハード系マウスパッドなので、低摩擦・高精度
  4.  USBケーブルが長い
僕
同じハード系採用のマウスパッドとしては、Logitech G440といいライバルで、さらにRazerのRGBクロマ製品よりもかなり明るいライティングが得られます

4. Razer Firefly Chroma Hard Gaming Mouse Pad

出典: Amazon.co.jp

✔︎ Razer FIrefly Chroma Hard Gaming Mouse Padのメリット

  1. コントロール性とスピード対応に優れる
  2. Razer Synapseによる1,680万色からのライティング
  3. 使っているゲーミングマウスや感度にかかわらず、最高水準の正確さを得られるハード系の表面
  4. クロマ系ハード系表面の中でコスパがいい

✔︎ Razer FIrefly Chroma Hard Gaming Mouse Padのデメリット

  1.  USBパススルーがないのでポートが少ないと辛い

✔︎ Razer FIrefly Chroma Hard Gaming Mouse Padの製品画像一覧 (出典: Amazon.co.jp)

✔︎ Razer FIrefly Chroma Hard Gaming Mouse Padの特徴

  1. 高DPI系のどのマウスとも相性がいい
  2. ハード系表面によるコントロール・スピード性能
  3. Razer Synapseによる1,680万色のカラー
  4. クロマ系マウスパッドとしてのコスパの良さ

 

5. Roccat Taito Control

出典:Amazon.co.jp

僕
あ、Roccat Taito Controlのユーザです。Razerマウスと使っていますが、めちゃくちゃプレイしやすいです。Razer Goliathusマウスパッドよりも使いやすいですね

僕も使っているので、コスパに優れていてお勧めしたいのですが、日本で買うと高いんですねorz

布系素材ならベスト品質と呼ばれるマウスパッドです。MOBAをプレイする時、布系マウスパッドを探しているならこれ以外厳しいです。(マウスに素材が張り付いてきたり、パッドが小さいとめちゃくちゃ土台が動きます)

✔︎ Roccat Taito Controlのメリット

  1. 表面のエリアが広い
  2. コントロール性に最も優れる表面の質感
  3. マウスパッドの周囲の刺繍と、ある程度厚みのある安定感

✔︎ Roccat Taito Controlのデメリット

  1.  大きくマウスを動かす動作をするとたまに音が出る程度
  2. 日本で購入するとかなり高価(アメリカで購入すると$32ほど)

✔︎ Roccat Taito Controlの製品画像一覧(出典:Amazon.co.jp)

 

✔︎ Roccat Taito Controlの特徴

  1. 布系の表面で最もMOBAに適したマウスパッド
  2. 適度な厚みと縫い目によって、全く動かしてもブレない
  3. 布なのに正確なコントロールができる粒度の細かい表面

関連記事:LoLのデバイス

あわせて読みたい
【2020年版】LoLをプレイする上で最適なマウス7選を考察してみた まず、をプレイする際にマウスとマウスパッドが必要かどうかについてですが 結論、マウスはプレイする上で必須だと思います。 ...
ABOUT ME
クスハラ
立命館大卒('18)後に新日本有限責任監査法人(EY新日本) ドメスティックな職場で全くキャリアが読めずに5ヶ月で退職。 後にアマゾンせどりで生計を立て、空いた時間で勉強しエンジニア転職。 その後、実務経験7ヶ月でフリーランスエンジニアとして独立・開業。 在学中にアメリカ留学の経験があり、TOEIC960点(大学3年時)。 ...結局、少し社会不適合な人だと思いますw ■連絡先 shogo.kusuhara[あっと]gmail.com

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。