E-SPORTS

LoL初心者がサモナーズリフトに行くまでに必要な知識をまとめてみた

LoLをやろうか迷っている人
LoLをやろうか迷っている人
LoLってどんなゲームなんだろう? たまに世界で一番プレイされているe-sportsって聞くけど、周りにプレイヤーがいなくて、いまいちピンとこないんだけど…
僕
今回は、上記のような質問に答えていこうと思います。

LoL(League of Legends)というゲームは、世界的にプレイされているオンラインゲームです。同時接続数、アカウント数、TwitchやYouTubeでの動画再生ランキングでも常に上位に食い込むので、ゲーマーなら一度は聞いたことはあるはず。

そもそもLoLは、Warcraft IIIというゲームを倣ってリリースされた「MOBA(Multiplayer Online Battle Arena)」という、日本語でいうなら「リアルタイムストラテジー」に分類されるゲーム。

開発元はRiotGamesで、アメリカ発のオンラインゲームですね。その後、韓国やヨーロッパでも爆発的な人気を誇り、サーバーが増設されていき、今ではほとんど全世界でプレイすることが可能になっています。

では、LoLとはどういったゲームなのか、少しみていきましょう。

✔︎ 関連記事

あわせて読みたい
【2020年版】LoLをプレイする上で最適なマウス7選を考察してみた まず、をプレイする際にマウスとマウスパッドが必要かどうかについてですが 結論、マウスはプレイする上で必須だと思います。 ...

▲ゲーミングマウス持ってない方はぜひ参考にしてみてください!

あわせて読みたい
【2020年版】lolミッドで初心者でもキャリーできるチャンプ12選 今回は、初心者の方〜これからランクを上げていきたいゴールド未満の方に向けて、僕がオススメしたいチャンプを紹介していきたい...

▲プレイするチャンプのオススメはこちら

スポンサードサーチ

LoLは結局、どんなゲームなの?

LoLをやろうか迷っている人
LoLをやろうか迷っている人
FPSとか格ゲーみたいなe-sportsなら、相手を倒すだけってわかるんだけど、いまいちLoLとかMOBAが何なのか理解できない…
LoLプレイヤー
LoLプレイヤー
結局のところタワーを折りながら進軍していって、最終的に本拠地にあるネクサスを破壊したチームが勝利ってだけですね。

日本のネトゲだと、「Fantasty Earth Zero(通称: FEZ)」という100 対 100の戦争ゲームを 5 対 5にしたのがLoLだよ。といったらすぐに伝わる方も多い気がします。

どういうことか図で説明するとこんな感じ。

▲実際のLoLのマップ(サモナーズリフト)

LoLプレイヤー
LoLプレイヤー
TOP・MID・BOTという3つのレーンがあり、これらを破壊しながら、敵陣まで進入を目指ざし、敵の最後の砦であるネクサスを壊せば味方の勝利です。

✔︎ 自陣が左下の場合(ブルーサイド)

  1. TOPレーンを攻めて、相手のベースを攻め込む
  2. MIDレーンを攻めて、相手のベースを攻め込む
  3. BOTレーンを攻めて、相手のベースを攻め込む

▲敵のネクサス: これを破壊すると見事勝利

簡単に言えば、相手の最後の建造物(オブジェクト)をとることがこのゲームの目標で、この「ネクサスをとるためには、どうすればいいのか?」を考えるのがこのゲームの戦術面での面白いところで、「リアルタイム戦略(ストラテジー)ゲーム」と呼ばれる理由です。

✔︎ このゲームの第一の目的

敵のネクサス(最終オブジェクト)を破壊する

ネクサスを取れば勝利。ただし、それが難しく面白い

LoLをやろうか迷っている人
LoLをやろうか迷っている人
相手のネクサスっていうオブジェクト(建造物)を取ったら勝ちなのはわかったんだけど、じゃあ具体的に何が面白いの?
LoLプレイヤー
LoLプレイヤー
簡単にゲーム中の基本行動を分けると、対人戦・ファーム・オブジェクト獲得の3つがあります。MOBAはバトル「アリーナ」。つまり、獲得できる資源量が決まっており、いかに相手よりこれらの資源を獲得できるのかが、勝利の分け目になります。

このゲームの第一の目的を先ほどの「相手のネクサス破壊」におくと、第二の目的が出てきます。

✔︎ このゲームの第二の目的

相手チームより、資源量(お金・経験値・バフ)で上回ること

プレイヤーはチャンピオンを動かして、相手チームより資源量で上回る必要があります。なぜなら、このゲームは獲得した資源量の有利を使って、相手の陣地を落としていくゲームだからです。

作業ゲーのように聞こえますが、実際には無数の判断やバトルをしていくことになり、全く同じゲームの進め方は基本的に発生せず、有利・不利を背負った中で、できることからどんどん手をつけてやってみる感じです。

方法1. ファームをして、経験値とお金を増やす 

LoLプレイヤー
LoLプレイヤー
プレイヤーが基本的に行うこととしては、「ファーム」です。経験値とお金を稼いで、相手よりも良いアイテム装備を揃えて、レベル差をつけるのが目標です。

簡単なのが、MMORPGやポケモンを考えてもらうとOKです。モブキャラクターやモブモンスターを倒すことで、お金と経験値を得ることができます。

このゲームにおいては、「ミニオン」と「中立モンスター」の2種類のザコキャラが存在し、これらを効率よく狩ることでお金と経験値をドロップしてくれます。

▲3つのレーン上で、常に湧いてくるのが「ミニオン」


▲レーンの間にあるジャングルで、間隔をあけて湧いてくる「中立モンスター」

方法2. 対人戦を勝ち越して、オブジェクト・お金を得る

LoLプレイヤー
LoLプレイヤー
もちろん、対人戦で勝っていくのも有利につながります。ただし、このゲームにおいては、あくまでオブジェクト・お金を得るためという位置付けです

もちろん、対人戦をして勝ち越していくと有利になる…かと思いきや、実はこのゲームでは対人戦で相手を倒すだけでは勝てません。(モバイルレジェンズは、相手を倒すだけですが)

具体的には、2種類の対人戦があり、「勝ち越してからオブジェクトを獲得する」という動きをしないと、いつまでたっても敵のネクサスを割ることができず、相手を倒すだけではダメだということがわかります。

✔︎ 対人戦1:レーン戦

▲レーンで対面する敵を倒すと、1体あたりミニオン7体分のお金がもらえる

純粋にプレイヤースキルで勝敗が決まることもありますが、全てのチャンピオンの性能は同じ条件だとほとんど変わらないため、お金と経験値差をつけないと圧倒的なプレイヤースキルの差がなければキルはなかなか取れないです。

そのため、プロの試合や上位プレイヤーの試合になればなるほど、ファームをしてから有利が取れている段階のみ、的確に相手に仕掛けていくことがメインになってきます。無理やり勝負するときは、自分が有利を取れている時だけです。

✔︎ 仕掛けるべきタイミング

  1. 相手よりもアイテム差(ゴールド差)がついている時
  2. 相手よりもレベル差(経験値差)がついている時

✔︎ 対人戦2:集団戦

▲3対3~5対5の圧巻のバトル。画像はMIDタワーの攻防戦

集団戦はLoLの花形シーンの1つです。主に、画像のような「オブジェクトの攻防戦」をするときに突発的に始まります。

いかに相手より上手に戦闘の駆け引きをするのかがポイントで、ここで勝てば大量のゴールドを獲得でき、負ければ大量のゴールドを相手に渡してしまうことになり、ゲーム中で最も重要なタイミングです。

✔︎ 仕掛けるべきタイミング

  1. 相手チームよりもアイテム差(ゴールド差)がついている時
  2. 相手チームよりもレベル差(経験値差)がついている時
  3. 自分たちが相手チームよりも有利に戦闘開始できる時
LoLプレイヤー
LoLプレイヤー
プロシーンだと、集団戦で3回負けてしまうと、勝つことが絶望的になってしまうため、最も盛り上がるタイミングの1つです。プロの試合をみる時は集団戦が見所です!

方法3. オブジェクトを獲得し、マップコントロールとお金を得る 

▲自陣がブルーサイドの場合、取れるオブジェクトは上記

LoLプレイヤー
LoLプレイヤー
なぜこのゲームにおいてオブジェクトが重要なのでしょうか。初心者の方も知っておいた方が良いので、少しだけ解説しておきます。

オブジェクトには大きく分けて2種類あります。

中立モンスター(バロン/ドラゴン)


▲ゲーム開始20分まで:リフトヘラルド(ゲーム運びが少し有利になる)

▲ゲーム開始20分以降:バロンナッシャー(ゲームを逆転できる程度のバフ)

▲ドラゴン(カラーによって異なるバフ獲得/重ねて取ればとるほど有利に)

プロの試合だと、これら中立モンスターを狩にいく前に集団戦が発生し、集団戦を勝ち越した方がドラゴン・バロンを獲得し、ゲームを有利に進めていくパターンが多いです。

初心者の方だとあまり意識する必要はないですが、ランク戦をする前に大まか効果と必要性は理解しておくとベターです。

基本的には、「相手が気付いていなければ速攻取る」「小競り合いをして勝てるなら速攻とる」ように立ち回れたら問題ナシです。

タワー/インヒビター/ネクサス

LoLの建造物(オブジェクト)には大きく3つあります。どれも「とりあえず壊せたら有利」という考えでひとまずOK。

▲タワー

  1. 役割:相手の進軍を妨害し、視界を得る
  2. 目盛りを1つ削るごとにゴールド獲得
  3. 折ることができれば敵の視界を落とすことができ、ゲームを有利に進められる

▲インヒビター

  1. 役割:ミニオンを生み出す
  2. 壊すと、相手側にスーパーミニオンが進軍するようになる

    ▲ネクサス

    1. 役割:勝利条件(割れば問答無用で勝利)

    スポンサードサーチ

    LoLのチャンピオンって何?どれ選べば良いの?

    LoLをやろうか迷っている人
    LoLをやろうか迷っている人
    とりあえず、オブジェクトとかいうのを取っていけば良いゲームなのは理解できた。じゃあチャンピオンっていうキャラみたいなのがいっぱいあるけど、これって何を選べば良いの?
    LoLプレイヤー
    LoLプレイヤー
    とりあえず、ランク戦に行くまでは好きなロールポジションを探すとOKです。なるべく安定して強いチャンピオンで、操作性も簡単なチャンプがオススメです。

    LoLは100体を超えるチャンピオンが存在します。チャンピオンはプレイヤーが操作するキャラクターのことですね。(日本語だと馴染みがないですよね)

    無数のキャラクターがいて、どれを選ぶべきか迷い物ですが、まずは自分がメインにするロール1つとサブにするロール1つを決めればOK。そうすると、選ぶべきチャンピオンが絞られてきます。

    ✔︎ LoLにおけるロール5つ

    1. TOPレーン(戦闘タイプ:主に近接戦闘で殴り合うタイプが多い)
    2. ジャングル(戦略家:序盤のゲーム進行と中立モンスターの管理)
    3. MIDレーン(司令塔:ゲーム進行のコントロール)
    4. ADキャリー(ダメージディーラー:チーム内の火力・DPSを出す)
    5. サポート(ヘルパー:視界の管理・チーム全体のサポート)

    まずはいくつかのロールを回ってみて、自分が楽しいと思ったロールのチャンピオンを3体ほど固定して使い回すのがオススメです。

    初心者の方で、MIDレーンをやりたい方にはこちらの記事をどうぞ。

    あわせて読みたい
    【2020年版】lolミッドで初心者でもキャリーできるチャンプ12選 今回は、初心者の方〜これからランクを上げていきたいゴールド未満の方に向けて、僕がオススメしたいチャンプを紹介していきたい...

    ✔︎ ロールが決まったらop.ggをチェック

    LoLプレイヤー
    LoLプレイヤー
    一度ロールが決まってしまえば、op.ggという情報サイトで、強いチャンピオン情報が見れるのでオススメです。アイテム購入順やマスタリーなどプレイに必要な情報が揃います

    >>OP.GGのチャンピオン情報はこちら

    ✔︎ チャンピオンのマッチアップについてはこちらをチェック

    LoLプレイヤー
    LoLプレイヤー
    チャンピオンどうしの有利・不利についてはこちらのchampion.ggを見ればOKですよ。

    >>champion.ggはこちら

     

    まとめ:LoLは知識量も必要だけど、わかると面白い

    LoLをやろうか迷っている人
    LoLをやろうか迷っている人
    ものすごく覚えないといけなさそうなことが多くて、少し大丈夫か不安になった…
    LoLプレイヤー
    LoLプレイヤー
    誰しも通る道ですねー。ただ、覚えることと言ってもLoLに関していえばやっていくうちに感覚的にわかることも増えてくるので、わからないことを定期的に調べるようにするだけでも、どんどんやっていて楽しくなりますよー

    ここまでで説明してきたこともめちゃくちゃ端折っています笑 必要最低限、ゲームプレイをする上でのヒントになるようなことだけ書いてきましたがいかがでしょうか?

    あまり日本人にとっては、馴染みのないゲームで苦戦することも多いかもしれませんが、プロシーンや配信も活発で、まだまだ全然ファン数も多いので、ぜひ一度触ってみてくださいね。

     

     

     

    ABOUT ME
    クスハラ
    立命館大卒('18)後に新日本有限責任監査法人(EY新日本) ドメスティックな職場で全くキャリアが読めずに5ヶ月で退職。 後にアマゾンせどりで生計を立て、空いた時間で勉強しエンジニア転職。 その後、実務経験7ヶ月でフリーランスエンジニアとして独立・開業。 在学中にアメリカ留学の経験があり、TOEIC960点(大学3年時)。 ...結局、少し社会不適合な人だと思いますw ■連絡先 shogo.kusuhara[あっと]gmail.com

    コメントはこちら

    メールアドレスが公開されることはありません。