Dev

現役フリーランスがオススメするPHPが学べるスクール3選【コスパ×最高のスクールで学ぶ】

PHP プログラミングスクール

PHPを学びたい人
PHPを学びたい人
これからPHPを学べるスクールを検討したい。どこがオススメなんだろう?実際に実務に携わるエンジニアに聞いてみたい

今回は、実際にPHPメインのフリーランスエンジニアである僕が本当にオススメできるPHPが学べるプログラミングスクールを紹介していきます。

では、まずは「PHPをスクールで学ぶ前に検討しておくべきポイント」をそれぞれ見ていきましょう。

スポンサードサーチ

PHPをプログラミングスクールで学ぶ際に検討すべきポイント3つ

1. PHPを学んで何をしたいか

フリーランス
フリーランス
ここは明確にしておきたいです。大きく分けると「本業にするのか、副業にするのか」の2択です

結局のところ、プログラミング言語は「コミットした分は伸びる」と思います。僕は独学をして全く伸びを感じなかったのですが、いきなり現場に入ったら苦労しつつ、上達していきました。

つまり、誰でも継続すればプログラミングくらいできるようになります。ただ、だからこそ「プログラミングを学んでどうしたいの?」というゴール地点は明確に、イメージしておいて欲しいです。

  PHPを学ぶ目的および方向性

  1. エンジニアとして転職したい
  2. 副業でワードプレスなどの案件をとって稼ぎたい
  3. 趣味・興味でプログラミングをしてみたい

上記の3つの方法があると思います。

僕は、スクーリングすべき人は1だけかなと思っています。それ以外の方は、独学で大丈夫です。

その辺りの「PHP・プログラミングを学ぶ目的」について深く掘り下げた記事があるので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
プログラミング独学
プログラミング独学の勉強法・ロードマップ・教材全てをまとめます【8ヶ月でフリーランス独立できた】 僕自身、プログラミング独学をしてIT企業に正社員で中途で入社しました。そこから8ヶ月くらいで月単価60万円くらいのフリーランスに...

    プログラミングスクールを選ぶポイント

WEBエンジニアとして転職したい人

基本的には、この記事はWEBエンジニアとして転職したい人向けに書いていきます。

副業でワードプレスとかの案件をやってみたい!」「趣味・興味でPHPを学習してみたい!」と言った方にはこちらの記事をどうぞ。

あわせて読みたい
【最短】PHP学習のロードマップを現役フリーランスエンジニアが解説してみます ✔︎ 対象の読者の方 HTML・CSSがある程度書けるようになってきた方 今回は、「PHP学習のロードマップ」ということでお...

2. 講師が現役エンジニアか

僕
テッ○キャンプみたいな高額なのにエンジニア実務経験がない講師がいるスクールとか本当に最悪です

プログラミングを教わる際には、現役エンジニアに教わる方が、実務に移行するときに絶対有利だと思います。

なぜならプログラミング言語・フレームワークは生モノだからです。英語や日本語でも、常に新しい言葉が生まれています。それと同様に、プログラムするときによく使う言葉も日々移り変わっています。

例えばですが、 PHPは今でもバージョンアップされています。この記事を書いたときの最新版はPHPバージョン7.4系です。

多くのモダンな言語で採用されていたのに、PHPでは諸々の理由により導入が見送られていた機能がリリースされています。例えばアロー関数とかですね。

  アロー関数サンプル

<?php
$factor = 10;
$nums = array_map(fn($n) => $n * $factor, [1, 2, 3, 4]);
// $nums = array(10, 20, 30, 40);
?>

これは最近PHPに追加された機能なのですが、つまり「プログラミング言語も常にアップデートされている」ということなんですね。

これが現役WEB系エンジニアだとキャッチアップせざるを得ないのですが、未経験から講師になった人とか、大学生講師だと、絶対にこの辺りの情報をわかっていません。(そもそもPHPのドキュメントを読む習慣がなくて、唖然とします)

そのため「せっかく学習したのに、情報が古い」みたいな感じになりがちです。これは非常にもったいないです。時間のムダじゃないですか?

なので、なるべく現役エンジニアに教えてもらうべきですよ。マジで。

  プログラミングスクールを選ぶポイント

なるべく最新技術にキャッチアップしたエンジニアに教えてもらおう

3. 自分で企画・設計・開発したポートフォリオを作成できるか

僕
転職前提のプログラミングスクールであれば、この条件は必須としておきたいです。

2020年でも、引き続き未経験からのエンジニア転職においては、「自分で実際に企画・設計・開発をしたポートフォリオ」を1次面接の時に使う可能性が高いです。

テッ○キャンプで共通で制作するような「プログラミングスクールで、カリキュラム通りに制作したポートフォリオがもはや評価されなくなったことにより、より「エンジニアとしての自走力」が求められるようになってきています。

どういうことかというと、「自分でなぜ必要な機能かを考え、それを実現するために必要なことを自分で設計・揃えて、開発した」という、実務で必要な動き方をポートフォリオ段階からみられることが増えてきたということです。

  実際に面接で問われること

  1. なぜ、これを作ろうとしたんですか?
    →エンジニアとして、ビジネス感覚を見る
  2. この○○という機能なんですが、どうやって実装しましたか?
    →エンジニアとして、仕事のやり方を見る
  3. オブジェクト志向について説明できますか?
    →実際の実装をする上での基礎知識を見る
  4. デザインを見る
    →最低限のマークアップができるのか。
       UI/UXを実現するためのフロントエンド力を見る

上記の通りで、例え未経験のエンジニアとして採用するとしても、実際の実務を前提としたやりとりをすることになります。

そのため、プログラミングスクールを選ぶ時から「自分で考えながら、主体的にアプリケーションを構築する」ということをアピールできるように、現役エンジニアに実務レベルでのレビューを受けながら、ポートフォリオを改善できる環境がベストでしょう。

フリーランス
フリーランス
安心してください。ここで挙げてきたような条件にピッタリあうオススメのスクールだけ紹介していきます

随時無料相談を受けているスクールばかりですので、まずは面談をしつつ、実際に無料体験もあれば受けてみて、続けていくべきかの判断をしていただければと思っています。

現役フリーランスエンジニアが本当にオススメするPHPが学べるスクール3選

オススメ度コスパ     講師無料体験受講スタイルサポート
TECH ACADEMY
テックアカデミー
現役PHP
Laravelエンジニア
あり
(プログラミング基礎・簡単なアプリ作成)
オンラインのみパーソナルメンター
マンツーマンレッスン(メンタリング)
チャットサポート
オリジナルサービス開発サポート
転職サポート

TECH BOOST
テックブースト
現役エンジニア
(フリーランス・副業など)
なし通学・オンラインカウンセラーによるオーダーメイドカリキュラム
現役エンジニアによるサポート
卒業後の転職に特化したキャリアサポート
オリジナルアプリ開発サポート
CodeCampGate
コードキャンプゲート 
現役エンジニア
マンツーマンのみ
なし
(CodeCampでの体験)
オンラインのみ専属キャリアアドバイザーによるキャリア支援
チャットサポート
同期オンラインコミュニティ
技術推薦状

TECH ACADEMY(テックアカデミー)

オススメ度
コスパ
講師 現役PHP/Laravelエンジニア
無料体験 あり(プログラミング基礎・簡単なアプリ作成)
受講スタイル オンラインのみ
サポート パーソナルメンター
マンツーマンレッスン(メンタリング)
チャットサポート
オリジナルサービス開発サポート
転職サポート

PHP/Laravelをオンライン完結で学ぶなら、TECH ACADEMYがまずはオススメです。

  サポート  オンラインでのサポートが充実

まず、特筆すべきはサポートが充実していること。どのコースを受講しても、上記の5つのサポートがプランに入っており、特に「オリジナルサービス開発サポート」こちらに関しては素晴らしいですね。

実際に自分で作成するポートフォリオのサポートをしていただけるということで、これでテック○ャンプとかのカリキュラムをただ潰していくだけのスクールに比べると圧倒的に有利です。

無料体験  無料体験コースも充実

▲引用:テックキャンプ 公式

オンライン英会話とか、プログラミングスクールとか、結局、継続できるかどうかってスクールとの相性って結構大事じゃないですか?

僕は無料体験で「ここなら続けられそうだな」と思うところで受講したい派ですが、テックアカデミーなら実際に受講をスタートした場合と同じ密度で体験ができ、オススメですよ。

テックアカデミー無料体験の特徴

  1. ビデオチャットでメンタリング体験
    実際のブートキャンプと同様のツールを使ったメンタリング
  2. 毎日最大8時間のチャットサポート
    毎日15時〜23時に、待機しているテックアカデミーのメンターにチャットで質問が可能です
  3. 回数無制限の課題レビュー
    オンライン教材に設定されている課題を提出すると、プロの観点でレビューをしてもらえます。合格するまで何度もアドバイスをもらうことができます。
  4. オンライン教材
    オンライン完結の強みを生かして、パソコンとネット環境さえあればいつでもどこでもオンライン教材を読み進めることが可能です。

テックアカデミー無料体験のカリキュラム

  1. Webサイトの仕組み
  2. HTMLとは
  3. CSSとは
  4. JavaScriptとは
  5. 変数
  6. 数値計算
  7. 条件分岐
  8. 課題: 天気予報を作ってみよう

僕
ここまで無料体験が充実しているスクールは他にないかな、という感じ。ですので、ぜひまずは無料体験から試していただければ〜

コスパ  コスパ的にも満足!良心的な料金

▲こちらはLaravel+フロントエンドセットでの申込例なのですが、目安としては1ヶ月7万円~9万円で、長期間になるほどお得です。

他の通学形式のプログラミングスクールが1ヶ月20万円(3ヶ月60万円)が平均的な値段であると考えると、コスパ的にも良心的。サービス内容もほとんど変わらないかそれ以上の水準ですよね。

受講コースの決め方については、ぜひテックアカデミーの無料キャリアカウンセリングを受けて、不安や勉強の進め方、転職希望などを話つつ、決めていただければ!

テックアカデミーの無料キャリアカウンセリングはこちら

TECH BOOST(テックブースト)

オススメ度
コスパ
講師 現役エンジニア(フリーランス・副業の方多め)
無料体験 なし
受講スタイル 通学・オンライン
サポート カウンセラーによるオーダーメイドカリキュラム
現役エンジニアによるサポート
卒業後の転職に特化したキャリアサポート
オリジナルアプリ開発サポート

テックブーストは、通学・オンラインどちらでも受講ができるタイプのプログラミングスクール。

基本的には未経験からエンジニアに転職したい方、フリーランスエンジニアとして働きたい方などを対象としています。

  カリキュラム  オーダーメイドのカリキュラム

テックブーストなら、プロのカウンセラーから目標から逆算した最適なプランを提案してくれるので、どのレベルの人でのプログラミングをストレスなく続けやすい工夫をすることができます。

基本的には、次のようなカリキュラムをベースにして開発に必要な知識・経験を学習していきます。

  1. ベーシックターム
    HTML/CSS/Ruby/Ruby on Rails/PHP/Laravel/Git/データベース
  2. ディベロップターム
    Ruby on Rails実践/Laravel/プロダクト企画/データベース設計/WEBアプリ開発
  3. イノベーティブターム
    ブロックチェーン/IoT/AI

一応、PHPとRubyから学習する言語を選べる形になっていますね。

僕自身、PHPから始めたのですが、Rubyの方が自社開発系の企業が多く、働きやすい企業が多いので、個人的にはRubyもかなりオススメです。

一方で、フリーランスの案件だとまだまだPHP1強かな、という感じ。

受講スタイル 場所を選ばずに学べる


通学

オンライン






✔︎ 直接対面で教えて欲しい時
✔︎ 他の人と一緒に勉強した方がやる気が続く時
✔︎ オンライン/オフライン両方で、コミュニティに参加したい人


✔︎ 自宅やカフェで学習したい
✔︎ 移動時間がもったいないので、リモートで学習したい時
✔︎ オンラインでも繋がれるメリット

テックキャンプ やDMM WEBCAMPなど、通学とオンライン両方で学習が進められるプログラミングスクールは、料金がかなり高い(1ヶ月換算で20万円ほど)ことがネックでした。

テックブーストなら、コスパ重視(1ヶ月換算で10万円以下)でありながら、受講スタイルを選べるのがありがたいですね。

僕自身、フルリモートで働いているのですが、作業のメリハリがつかないので結局オンラインと通勤両方をやっていたので、受講スタイルが選べると作業効率も上がり、オススメです。

コスパ 入学金に期間を上乗せする形式

25歳以下の学生さん(学生証必須)だと、3ヶ月30万円から学習が開始できます。社会人の方だと35万円からですね。

期間としては3ヶ月~となっていますが、これは好きな期間を設定して学習ができるシステムになっているからです。

この学習期間についても、まずは気軽に無料説明会でプログラミングスキルを検討しつつ設定する形で問題ないかと思います。

上記に該当する方だと、割引もありますのでぜひお得に使ってみてくださいね。

CodeCampGate(コードキャンプゲート)

オススメ度
コスパ
講師 現役エンジニア
無料体験 なし(CodeCampでの体験になります)
受講スタイル オンラインのみ
サポート 専属キャリアアドバイザーによるキャリア支援
チャットサポート
同期オンラインコミュニティ
技術推薦状

魅力1 マンツーマン指導

CodeCampGATEは、CodeCampという「プログラミングの家庭教師」系のサービスからスピンアウトしてできました。そのため、マンツーマン指導によって、現役エンジニアからの手厚いフィードバックを受けることができます。

Webサービスを開発するために必須になってくる基礎的なスキル(HTML/CSS, JavaScript, PHP, MySQL)から、実務で必要なGit、Docker、セキュリティまで包括的に学ぶことができ、現場から必要とされるエンジニアへ。

魅力2 現役エンジニアとのチーム開発

CodeCampGATEの最も大きな魅力なのですが、「現役エンジニアと一緒にレビューを受けながら開発できる」ようになっています。

僕自身、PHPの基本的な文法だけわかっている状態で現場に飛び込んで、そこから現役エンジニアの方のソースレビューによって、2-3ヶ月で圧倒的にコードが書けるようになった経験があり、非常に有用な練習だと思いますよ。

これは、僕が知っている中ではCodeCampGATEだけでしかできないことで、エンジニアとして実際の実務に限りなく近い実践ができるので本当にオススメしたいです。

キャリア キャリア支援

「オンラインだと、転職・キャリア支援ってどうなの?」と思われそうですが、CodeCampGATEなら現役エンジニアメンターと専属キャリアアドバイザーの協力によって、転職成功にコミットしてくれます。

応募書類の添削から始まって、求人の見極め方も指南。企業別の面接対策、技術レベルと今後の成長についてもまとめた推薦状を発行してくれるのは、受講生一人一人への配慮がある証拠。

強力に転職までサポートしてくれますので、何か不安があればまずは気軽に受講相談をしてみてください。

コスパ 受講料

受講料としては、入学金+料金で税込52万円ほど。少し高いかなと思う一方で、テックキャンプ やDMM WEBCAMPなどのスクールが、教室での授業で80万円とかするので、実はそこまでコスパが悪いわけでもないですよ。

むしろ、「完全に個別指導」で「現役エンジニアと実際にチーム開発ができる」ため、他のスクールより圧倒的に成長できる環境は揃っていると思います。

スポンサードサーチ

まとめ:どれもオススメですが…

オススメ度コスパ     講師無料体験受講スタイルサポート
TECH ACADEMY
テックアカデミー
現役PHP
Laravelエンジニア
あり
(プログラミング基礎・簡単なアプリ作成)
オンラインのみパーソナルメンター
マンツーマンレッスン(メンタリング)
チャットサポート
オリジナルサービス開発サポート
転職サポート

TECH BOOST
テックブースト
現役エンジニア
(フリーランス・副業など)
なし通学・オンラインカウンセラーによるオーダーメイドカリキュラム
現役エンジニアによるサポート
卒業後の転職に特化したキャリアサポート
オリジナルアプリ開発サポート
CodeCampGate
コードキャンプゲート 
現役エンジニア
マンツーマンのみ
なし
(CodeCampでの体験)
オンラインのみ専属キャリアアドバイザーによるキャリア支援
チャットサポート
同期オンラインコミュニティ
技術推薦状
僕
どれもオススメなのですが、最終的な決め方としては、「自分の学習サイクルにあう」講座を選ぶことです。少し簡単なのですが、それぞれのスクール別でオススメな人の特徴を書き出してみました

オンライン完結・コスパ◎ テックアカデミーがオススメなタイプ

  • 現役PHP/Laravelエンジニアから教わりたい方
  • 無料体験を1週間してみたい人
  • コスパとクオリティを両立したい人
  • オンライン完結でOKな方

オンラインと通学OK! オーダーメイドのカリキュラム テックブーストがオススメなタイプ

  • オンラインと通学で効率の良い学習環境を手に入れたい方
  • オーダーメイドのカリキュラムが欲しい方
  • 現役フリーランスエンジニアに学びたい方
  • ブロックチェーン/IoT/AI分野も学びたい方

マンツーマン&現役エンジニアとの開発経験 テックブーストがオススメなタイプ

  • マンツーマンでのプログラミング指導して欲しい人
  • 現役エンジニアとのチーム開発をしたい人

僕
記事は以上ですが、何か質問などあればお気軽にコメントorTwitterでリプライしていただけるとお答えします!

ABOUT ME
クスハラ
立命館大卒('18)後、ニート。 その後、webエンジニアとして独立・開業。 留学経験あり。TOEIC960点(大学3年時) 複数のwebサービスのグロースから開発までを担当。楽しく仕事して自由に生きているので、ブロガーとしては世の中の当たり前を疑う視点を提供する記事を書きたい。 ■連絡先 shogo.kusuhara[あっと]gmail.com
同じジャンルの関連記事はこちら

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。