自己紹介

ウェスタンミシガン大学へ留学した時のことをまとめてみる

ウェスタンミシガン大学

ウェスタンミシガン大学に2017年の秋学期に留学していました。

もうすでに結構日が経ってしまってはいますが、改めてまとめておこうかと思います。

スポンサードサーチ

ウェスタンミシガン大学とは?

アメリカはミシガン州のカラマズーというエリアにある大学。

Public Research Universityつまり公立のリサーチユニバーシティです。

ミシガン州内ではミシガン大学 > ミシガン州立大学 > このウェスタンミシガン大学という位置付けになります。

少し例えとしては正確ではないかもしれませんが、京都の大学の感じと似ている気がしていまして。

同様に京都大学 > 同志社大学 > 立命館大学 みたいな位置付けと考えても差し支えないかな?と思います。(Wayne Stateの方が優秀かも?)知名度や難易度的なところでは。(ミシガン州内に他にも優秀なリベラルアーツ大学や工科大学もありますが、ひとまず総合大学の括りで)

ミシガン州への留学で括ると、非常にオススメできると思います。魅力度的には西海岸とかに比べると負けますが…w 教授は非常に距離も近いですし、ウェスタンミシガン(以下、WMU)の教授は本当に面倒見がいいです。

ただ、アメリカの大学の比較を難しくしているのが、それぞれの学科ごとに全く研究レベルが異なっていて、学べる内容とか偏差値的なの(高校での成績とGREの得点りつなど)も違います。

ざっくりアメリカの学科別のランクなどを集計しているサイトで調べるとこんな感じです。結構、この辺のランクって大幅に変動するので、なんだかなあという感じですね…w ただ、ランクが高ければ高いほど活動も活発 = 優秀なのは間違い無いと思います。

ウェスタンミシガン大学の特徴

▲nicheというサイトに掲載されています

Best Greek Life Colleges in America(フラタニティとかの質)全米#45 / 817

Top party Schools in America(パーティスクール度) 全米#47 / 1587

Best Colleges for Music in America (音楽専攻) 全米 #70 / 262

Best College Athletics in America (体育専攻) 全米 #114 / 1401

Colleges with the Best Student Life in America (学生生活)#139 / 1580

Top Public Universities in America (公立大学) #154 / 676

Best Colleges for Public Policy in America (公共政策) #166 / 599

などなど。

全体的に学生生活関連の指標は高いですね。パーティースクール度が高いのが不安ですがw

実際に入ってみると確かにパーティの誘い、多いです。ただ、真面目な生徒は真面目で遊び回ってる生徒は全く別で固まってるので、大学生活には支障ありません。

事実、学生生活の指標だとかなり高い(上位8%くらい)です。友達も作りやすいですし、教授との距離も近い、留学生比率も結構高いので留学するのには結構いい大学ですよ。

スポンサードサーチ

ウェスタンミシガン大学の場所

正直不便です。

日本から行く場合は、デトロイトまで飛んで、そこからさらにカラマズーへトランジットが必要になります。

ここの乗り換え結構面倒です。地味に数十分かかるし…

また、WMUの場所というかまあミシガン州自体が日本の感覚でいうと全土が田舎です。車がないと生活できません。

大学の近くのParty Store(コンビニ)である程度のお菓子とか飲み物とかは買えますが、結局はコンビニよりもしかすると少ないくらいの品揃えしかありません。

スーパーになんとしてもたどり着く

大学の寮での生活になると思いますが、寮生活でご飯に飽きたら、スーパーマーケット(Target)まで友達に車を飛ばしてもらうか、Uberで行くかという選択肢を取る必要がありました。

僕は運よく友達には結構恵まれまして、現地の友達と毎週金曜日の授業が終われば、Targetへご飯の買い出しをして、一緒にゲームして遊んで帰るみたいな生活をしていました。

まあ、それも大学の寮が4人部屋で電子レンジとか調理器具とか一通り揃っていたからできたことなんですよね… 普通は2人部屋とかなので部屋でレンジでチンして冷凍食品食べたりとか、定期的にピザ宅配してもらってた人少なそうです…w

fake japanese foodに気をつけろ?

WMUの近くに日本料理店(Fake Japanese/Chinese Foodと揶揄されるw)っぽいやつはいくつかありますw

しかし、アメリカナイズされた味付けなのであっさり全くしてませんw どうしても日本食が恋しくなればミシガン州立大学の近くのNoviに行きましょう。

ここには日本人街があります。ここにバケーションのタイミングで友達に連れて行ってもらっていました。日本人が調理する最高に美味い寿司屋とかも探せばあります。

カラマズーのダウンタウンは歴史情緒のあるGood’ol Americanなエリア

カラマズーのダウンタウン、探せば創業100年の飲食店とか結構ゴロゴロあります。

インスタ映えは厳しいかもしれませんが、個人経営のカフェとか結構あるんですよね。ぜひ散策してみてください。結構人気で並ぶのに苦労することも?

僕はこの辺りの詳しい友人に個人経営のカフェを定期的に巡ったり、公園を回ったり、ダウンタウンカラマズーを巡ったりしていました。

この頃はポケモンGoが流行っていたので、波に乗ってガンガン友達を増やしていましたw

少し大学から離れるとスタバもあるしなんでもある

ボーリング場とかスタバとかバーとかゲーム屋とか。

探せば意外となんでもあります。

車に乗せてもらったタイミングでガンガン街を見てみるといいです。

ウェスタンミシガン大学の寮生活

ミシガン州は全体的に黒人比率高いです。

僕は4人部屋で構成として僕(日本人)、アメリカ人3人という部屋でしたがうち2人が黒人で結構面くらいましたw

1人がバスケの大学代表で、結構生活がアスリートのパワー系だったので一緒に生活して序盤はストレス結構ありました。まあ慣れたら余裕で寝れますし、その辺りは英語を伸ばすチャンスで、ガンガン「ちょっとうるさいから静かにしてよ」とか「ごめん、今集中したいからゲームやめて」とか言っていけばいいという感じです。

寮自体が古い(最近は改修を進めているよう)

僕はDraper Hallという今は既に改修されている寮に泊まっていました。

まあ、古いですw

イメージとしては公立小学校とかを泊まれるくらいに綺麗にしてそこに寮生活するための個室を作った感じでした。最近では、流石に文句も出てきたのかめちゃくちゃ綺麗な寮へ改修が進んでいます。

部屋のスペースとしては申し分ないです。机がそれぞれの人数分だけ支給されて、プラスベッドがある部屋はまた別でついています。ワンルームプラスベッドルーム、みたいな構成が一般的です。

インターネットはもちろん無線LAN完備。

速度も申し分ありませんでした。僕はひたすらLoLというオンラインゲームをプレイしていましたw

大学のフードコートについて

調理される方が僕が留学中はインド出身の方で固まっていたので、食べるもの全てがインドっぽい風味で1ヶ月食べたくらいで結構飽きましたw

フードコートは5種類くらいあって、それぞれ味付けも違えば日本食もあります。

それぞれ違うご飯を食べたとしても、どうしても飽きてしまうので定期的にスーパーで美味しいご飯を買ってきたり、友達の家で一緒にカップ麺とか日本食作る実験したりしていましたw

現地の友達は本当に大事です。

スポンサードサーチ

ウェスタンミシガン大学の授業について

授業について(Haworth College of Business)

僕はビジネス専攻(Haworth College of Business)にいたので、そこの話をします。

Management / Supply chain management専攻を取っていましたが、この大学のSupply Chain Managementは最高の専攻です。ひとまず置いておきますが、卒業生の平均年収が最も高い専攻だったと記憶しています。

授業については、エントリーレベルの1000番台(一般教養など)=1年レベルと2000番台(専攻の導入科目) = 2年レベル と 3000番台(専攻科目) = 3年レベル 、 4000番台(専攻・ゼミ科目) = 4年レベルという感じで別れています。

これについてはWMU全体で一般的だと思います。中には5000番台もPrerequisiteを満たせば学部生で取れるのもあります。(半ばGraduateレベル)

HCoBではハンズオン形式が非常に多いです。課題をするときもクラスでのディスカッションやグループワークもあります。

ただ、成績評価についてはライティングもしくはクイズ(日本でいうテスト)で決まります。稀にプロジェクトベースの授業ではグループワークの結果によって成果が変わります。

評価について

サボっててもCはでますw 

僕は授業よりもサークル活動をしたかった(e-sportsサークルに入って現地の友達と一緒にガチでゲームをプレイしていましたw)時があったので、その時は授業をサボってゲームしていました。

(僕はゲームやアニメで大量に友達を作りましてw 一緒に遊ぶのが楽しくてそのおかげで爆速で英語が伸びましたw)

それでも、一通り勉強すれば別に成績は取れますね。WMUで学ぶ内容自体はめちゃくちゃ難しい、というわけではないですがSupply Chain Management専攻はかなりタフでした。

日本でいう上位学部みたいな。上位専攻みたいなやつの授業で、周りはみんな優秀で、教授もそれをわかってめちゃくちゃタフな試験問題出してきます。テストが論述1000Words * 4問とかで発狂したことがありました(Supply Chain Managementだけ)

management専攻もたまにタフな授業がありますが、全体的には教授にわからないところ聞いたりすれば解決したり、周りの学生に聞いたら解決すること多いです。

とりあえず全般的に教科書300Pを授業のノートを基本にして、重要な概念を抑えておけばBは絶対に取れます。

僕はゲームしながらでも結構余裕でGPAは3.4くらいキープしていましたw まあ、日本の大学でもある程度できる方なら余裕です。勉強するより課外活動やりましょう。

教授について

いい人多すぎです。

僕は立命館だったのですが、そこの教授よりも生徒思いの人が多かったです。

HCoBというかミシガンの大学が全般的に少人数クラスが一般的なんですよね。

多くても生徒数が1クラス30名とかなので、めちゃくちゃ距離は近いですし、日本人とか外国籍でもガンガン溶け込めます。僕はプレゼンの発表を全員の前で代表でやったりしたことありますw

そのくらい溶け込みやすいですし、そのためのサポートをしてくれる教授が多いです。外国籍でもしっかり見てくれてる感がありました。

まとめ: いい大学だったような気がする

裏ではweedが流行ってたりしましたが、僕は最高の大学だったなーと思います。

他の大学で行きたいところがあってWMUになってしまった、みたいな感じだったのですが、行ってみたらいい大学でした。友達も作りやすいし、教授とも距離が近いです。非常に留学生にとってはいい大学なのではないでしょうか?

WMUのもっとここが知りたい!などありましたらコメントいただけますと幸いです〜!それでは!

ABOUT ME
クスハラ
立命館大卒('18)後、ニート。 その後、webエンジニアとして独立・開業。 留学経験あり。TOEIC960点(大学3年時) 複数のwebサービスのグロースから開発までを担当。楽しく仕事して自由に生きているので、ブロガーとしては世の中の当たり前を疑う視点を提供する記事を書きたい。 ■連絡先 shogo.kusuhara[あっと]gmail.com

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。